世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.52

成城の桜並木

せたがや地域風景資産 No.2-22

成城の桜並木といちょう並木

桜のないまちの春はなにか物足りない。満開のときなど、まちに一斉に春が訪れたことを告げてくれる。花実の宴のにぎわいはないが、路上や家々の屋根に降る花びらは、閑静なこのまちに春の風流心を呼び起こす。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 成城6、7丁目
・地域風景資産の関連団体 : 法人格 成城自治会
・備考 : 桜の開花時期の週末に成城さくらフェスティバルが行われます。

*** 成城の桜並木の写真 ***

成城の桜並木の様子を写した写真
成城の桜並木(新緑の季節)
成城の桜並木の様子を写した写真
傷んでいる木も多いです
成城の桜並木の様子を写した写真
桜の時期1
成城の桜並木の様子を写した写真
桜の時期2
成城の桜並木の様子を写した写真
桜の時期3(7丁目付近)
成城の桜並木の様子を写した写真
桜の時期4(7丁目付近)
成城の桜並木の様子を写した写真
桜の時期5(7丁目付近)
成城の桜並木の様子を写した写真
ちょっと痛々しい姿で咲く桜

* 成城さくらフェスティバル *

成城さくらフェスティバルの様子を写した写真
駅入口交差点

期間中は歩行者天国になります。

成城さくらフェスティバルの様子を写した写真
フェスティバルの様子

通りに出店やフリーマーケットが並びます。

* 成城の桜並木について *

成城の町は成城学園によって形成されました。それは大正14年(1925年)に成城学園がこの地に引っ越ししてきた事に始まります。その当時のこの地は北多摩郡砧村大字喜多見字東之原という地名で、農家が7軒ほどしかない小さな村でした。こんな閑散とした場所でしたが、小田急線の敷設計画がすでに具体化されていたので、学園は学校用の土地の他に成城一帯の多くの土地を購入し、整地して住宅地として分譲しました。

その時既に田園調布を筆頭に新町(桜新町)、上北沢といった高級住宅地が出現していました。とりわけ新町(桜新町の現深沢地区)は日本で最初に住宅地に桜並木を植えた事で知られています。今ではありふれた住宅街の桜並木ですが、当時は桜は観賞用の樹木で街路樹には向かないとされていました。

でも新町の成功により上北沢にも広がり、そしてここ成城でも植えられるようになりました。やがて桜並木は高級住宅地の代名詞となりましたが、今ではあちこちに植えられ過ぎていて特に珍しい存在ではなくなってしまったように感じます。とはいえ、百景の文章に「桜のないまちの春はなにか物足りない。」とあるように、桜があれば周辺に暮らす住民にとって春の楽しみが増える事には違いありません。

line

成城の町並みは町の形成時に計画的な区画整備を行った事によって縦横が整然とした碁盤の目状になっています。その碁盤の目状になった通りに桜が植えられているのですが、成城学園駅から真っ直ぐ北に延びている道を駅から北に向かうと、駅入口の交差点に出ます。この交差点を右折するとこの一つ前の項目である「成城学園前のイチョウ並木」があり、イチョウ並木の正面には成城学園の正門があります。この銀杏並木の道よりも北側が桜並木のある町並みとなります。

一番メイン通りとなるのは駅入り口の交差点から北へ続く道で、この通り沿いにひたすら桜並木が続いています。地図で確認するとだいたい600mぐらいでしょうか。更にこの通りと交差する細い路地やこの通りの東側の通りなどにも桜並木は続いていて、この付近一帯が桜並木になっています。こういった木々は成城学園が移転してきた後に、学生や地域の人々などにより、学校の前の通りにはイチョウを、学園周辺の住宅地には桜をといった感じで植えられたものです。

line

歩いてみてこれは素晴らしいなと感じたのが、駅入口の交差点からひたすらまっすぐ行った奥の部分です。住所でいうなら成城7丁目の辺りです。この辺りは日当たりもいいようで、明るい桜並木といった感じで、桜の木も伸び伸びとしていました。駅から離れているのでもしかしたら後から分譲され、若干他の木よりも若いのかもしれません。

ただ全体的には結構木が傷んでいるようでした。南北に続くメイン通りはまだましなのですが、メイン通りと交わる細い路地に植えられている木などはダメになっているものが結構ありました。東西に続く細い道なので日が十分に当たらなかったり、手入れの問題、根本的に老齢化などの原因が挙げられますが、このままでは後十年後には相当数が減っているはずです。

区としては植え替えを進めていくような方針なので、桜並木自体がなくなる事はなさそうですが、若木、老木が混じった並木になったり、新しく家が建ったりして邪魔な場所にあたる木などは撤去されたりと、徐々に景観が変わっていきそうな感じです。

line

近年の成城の桜並木の話題といえば、やはり大ヒットした森山直太朗氏の「さくら」でしょうか。改めて調べてみると、森山氏の母はかの有名なフォークシンガーの森山良子さんとの事なので、音楽一家の中で育ったのですね。そう考えると「さくら」のゆったりとした歌い回しなどは母譲りなのかなと思ってしまいますが、もともとは母に歌ってもらおうと作った曲だとか。

その彼の学生時代は小学校から大学まで全ての学園生活を成城学園で過ごたようです。その時の思い出などを歌ったのが「さくら」になります。もちろんその「さくら」の歌詞に出てくる桜並木のモデルはこの成城の桜並木という事です。

この歌の大ヒットによって成城の桜並木が脚光を浴びる事となり、また一段と成城の知名度が全国的に上がりました。きっと成城の町の形成に関わった人や桜並木を大事に守ってきた人たちはとてもうれしかったに違いありません。自分たちの努力が若い人に受け継がれたと。

line

実際、成城の町を形成している桜とイチョウの並木は住民に大切にされてきました。今でも成城自治会をはじめとする地域の人々や企業などによって支えられていますし、区の協力を得て行われる年3回の清掃活動は地域の恒例行事となっています。こういった地域の努力によって守られている素晴らしい景観ということでせたがや地域風景資産にも選定されています。

きっと桜の歌もこういった人々の努力を見ながら成長した若者達の気持ちでもあり、素晴らしい桜並木の環境を守り続けてくれた感謝の気持ちでもあると思います。そして多くの人々の思いや努力が詰まった桜並木だからこそいい歌が作れたのではないでしょうか。

<せたがや百景 No.52 成城の桜並木 2009年9月初稿 - 2015年10月改訂>
( せたがや地域風景資産 No.2-22、成城の桜並木といちょう並木 )