世田谷散策記 せたがや風景資産のバーナー
せたがや地域風景資産のロゴマーク

せたがや地域風景資産 No.2-21

祖師谷公園

かつては教育大学の実験農場だったという都立祖師谷公園は、昭和50年に開園しました。 広々とした空間の中、仙川の流れや豊かな緑が楽しめる地域の人々の憩いの場所です。(紹介文の引用)

・場所 : 上祖師谷3、4丁目
・登録団体など : 祖師ヶ谷公園友愛会
・備考 : 都立公園

*** 祖師谷公園の写真 ***

祖師谷公園の写真
公園の入り口

成城側の入り口になります。

祖師谷公園の写真
原っぱと時計塔

おもちゃのような時計塔があります。

祖師谷公園の写真
広場での花見

花見の時期には賑わいます。

祖師谷公園の写真
湿生植物園

何か生き物がいるのでしょうか。

祖師谷公園の写真
滝坂道ぞいの花壇

ここはいつもきれいな花が咲いています。

祖師谷公園の写真
仙川西側の桜並木

里帰りの桜が並んでいます。

祖師谷公園の写真
親水テラス

祖師谷公園の象徴的な部分です。

祖師谷公園の写真
親水テラスから見る仙川

下から見上げるのもいいかも。

祖師谷公園の写真
仙川と桜並木(鞍橋から)
祖師谷公園の写真
せきれい橋から見る仙川上流
祖師谷公園の写真
鯉のぼり

連休前には子供の手作り鯉のぼりが飾られます。

祖師谷公園の写真
いこいのコンサート

夕方にかけて賑わいます。

* 祖師谷公園について *

世田谷区は他の区に比べて都立公園が多く、大きな都立公園が4つもあります。東京オリンピックの際に使用された駒沢オリンピック公園、そして広い芝生と多くの桜が植わっていることで知られる砧公園、環八沿いにある文豪徳富蘆花にちなんだ芦花公園(蘆花恒春園)と、後一つは・・・・。これはせたがや百景に選定されていないので、知らない人も多いかもしれません。

もう一つは仙川沿いにある都立祖師谷公園で、この項目の主題となります。この公園は大きな通りに面していないし、駅からも遠いし、これだといった特徴があるわけではないし、開園も昭和50年と比較的最近だしと世田谷区に住んでいてもその存在を知らない人や名前を聞いたことがあるけどどういった公園か知らないといった人も多く、世田谷区にある都立公園の中では一番知名度が低いようです。ただ近年では未解決事件の世田谷一家殺人事件の舞台となってしまったので、ワイドショウに登場する回数も多く、知名度だけは全国的に上がってしまった感じです。 

line

都立祖師谷公園は滝坂街道の南側、仙川の両岸に立地しています。ちょうどせたがや百景にでてくる上祖師谷神明社の南側付近です。もともとこの付近は仙川(仙川用水)の水や釣鐘池から湧き出す水などが流れ、水田や畑の多い地域でした。昭和初期頃の世田谷を写した空撮写真は幾つか現存していますが、私的にはこの地域の写真を見たときの驚きが一番でした。上祖師谷神明社ぐらいしか建物がなく、辺り一面全て田畑だったからです。本当にこの付近は畑しかない地域だったのです。

そんな畑しかないような何もない地域に変化が現れたのは昭和11年ごろで、旧東京教育大学がこの付近の土地を農家から坪10円ぐらいで購入して、ここで農業実習を行うようになりました。ってやはり風景的には同じ畑ですね。この農場では昭和40年代半ばまで鶏を飼ったり、梨などの果物を栽培していたようですが、その後は規模が縮小されていき、平成の始め頃までその敷地があったそうです。

話を戻すと、昭和18年になると砧公園などと同じく防空緑地として「祖師ケ谷緑地」が計画されました。これが祖師谷公園の由来となるようですが、戦後には防空緑地は必要なく、都市計画の「祖師谷公園」として計画され直されたようです。実際に祖師谷公園が開園したのは祖師谷緑地が計画されてから32年後の昭和50年ということを考えれば、中途半端というか、悠長な計画ですね。しかもまだ公園の造成は完了していなかったりします。

line

祖師谷公園の開園は昭和50年6月1日で、旧東京教育大学農場跡地を中心に公園が整備されました。開園当時は10haの公園として事業化をはかり、徐々に買収と整備を進め、順次追加開園していきました。現在では8.8ha(平成22年5月31日現在)が開園しています。

今後も周辺民有地の買収を進め、最終的には計画面積53.33haの公園となる予定ですが、現在でも公園内に家屋が残っているエリアがあったりと買収がうまくいっていない部分もあります。これは世間を騒がせている世田谷一家殺害事件によるもので、その現場となった家屋が立ち退き区画に含まれていて、事件が未解決であることもあり取り壊しのめどが立っていないそうです。

具体的にどの部分がいつ増えるのか、どんな施設ができるのかなどは分かりませんが、現在よりも5倍も広くなるというのには正直驚きました。あの広々とした砧公園が39haなので、とんでもなく大きな公園となるに違いありませんが、一体それは何時のことでしょう。それに交通の便とかを考えるといくら広くても・・・と思ってしまうのですが、どうなるのでしょうか。

line

祖師谷公園の一番の特徴は、仙川沿いに立地していることです。現在でもまだ整備が完全に終わっていませんが、仙川を挟んでちょっと趣の違うエリアに分かれています。西岸はなだらかな傾斜地になっていて、おしゃれな時計塔のある原っぱや湧水地、樹木が多いふれあいの森といった緑のエリアがひろがっています。東岸は平らになっていて4面のテニスコートやゲートボール場などの運動施設や運動広場、そして児童公園にといった花に囲まれたエリアになっています。

そして真ん中にあるせきれい橋で両岸が結ばれていて、その付近の仙川沿いには水に親しんでもらうために親水テラスがあります。実際に川辺には下りることができませんが、川のすぐそばまで行けるテラスとなっていて、このテラス部分はちょっとした円形劇場っぽい感じのスペースとなっています。秋にはここでは親水テラス音楽会実行委員会によって「いこいのコンサート」が行われます。この時は斜面も観客席となり、雰囲気の良いコンサートとなります。訪れた時は開始直後の昼間だったので人があまりいませんでしたが、プロの登場する夕方にかけて賑わうそうです。

line

また、この祖師谷公園には多くの桜が植えられています。仙川沿いを中心に植えられていて、仙川沿いの遊歩道が桜並木になっています。桜が多い割には花見をするのに少々微妙なシチュエーションですが、近年では広場の方にも少し植樹が行われているようで、今後は花見で有名な公園になるかもしれません。

桜に関してはこの祖師谷公園には自慢があります。それは「里帰りの桜」と呼ばれている桜があることです。明治45年に友好親善のために東京市長よりワシントン市に桜が贈られたのは有名な話ですが、その桜はポトマック公園で年々成長し、今や世界的な桜の名所となっています。そのポトマック公園の桜(ソメイヨシノ)の実生より苗木に育てられ、寄贈されたのが「里帰りの桜」で、仙川の西に並んでいる桜がそうです。

品種としては一般的なソメイヨシノなので、アメリカ帰りとはいえ全く見分けが付かないのが実際ですが、そういったエピソードのある桜として考えるなら他の公園にある桜とは違うといった楽しみがあるかと思います。ちなみに桜の返礼として贈られたのがハナミズキで、その原木が区内の園芸高校にあります。なんでも贈った桜の苗木の手入れをしていたのが当時の校長だった縁で寄贈されたようです。

line

その他、色とりどりの花で飾られているのもこの公園のいいところでしょうか。私自身この祖師谷公園に来る事はめったにないのですが、昔から滝坂道を通るときに街道沿いの花壇がいつもきれいだなと感じていました。実際に公園を訪れたときも、多くの花壇があり、湿生植物園、藤棚などもあり、更には桜の花もありと園内が花できれいに飾られているのが目に付きました。

花壇の手入れは公園友の会の会員方々が手入れを行っているようです。芦花公園の花の丘などは花が沢山あり、風景的にもきれいだなと思いますが、ここはさりげなく綺麗なのところが私は好きです。手入れというか、花の選択のセンスがいいのでしょうか。また近年では、「ワンの会」などの団体によって、試行的に「犬の遊び場/ミニランド」が設置されたりもしているようです。

<せたがや地域風景資産 No.2-21、祖師谷公園 2011年7月初稿 - 2015年10月改訂>