世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.47

祖師谷つりがね池

せたがや地域風景資産 No.1-29

つりがね池と樹林

雨乞いのため、僧が釣鐘を抱えて身を沈めたことから、その名がついたと伝えられている。現在は付近の子ども達の絶好の遊び場だ。池の周辺には緑も残り、雨の降った後には池底から水が湧き出すのを見ることもできる。小さな風景だが、なんともいえない親しみがある。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 祖師谷5-33
・地域風景資産の関連団体 : 不明
・備考 : ーーー

*** 祖師谷つりがね池公園の写真 ***

つりがね池公園の様子を写した写真
藤棚のゲート

藤とつつじの季節

つりがね池公園の様子を写した写真
釣鐘池

池のすぐ間近まで住宅が

つりがね池公園の様子を写した写真
桜の季節

奥の赤いのが祠

つりがね池公園の様子を写した写真
底から湧き出る水

人工的な装置を使った湧き水

つりがね池公園の様子を写した写真
湖畔の散歩道
つりがね池公園の様子を写した写真
満開の桜
つりがね池公園の様子を写した写真
辨天社(弁天社)
つりがね池公園の様子を写した写真
古い祠
つりがね池公園の様子を写した写真
かつて水路だった小道側の入り口
つりがね池公園の様子を写した写真
あじさいの小道

* 祖師谷つりがね池公園について *

小田急祖師ヶ谷大蔵の駅のかなり北側、都立祖師谷公園の南端からは少し東側のかなり奥まった場所に釣鐘池があります。入り組んだ路地を通っていかなければならないし、おまけに池のすぐそばまで住宅があり、池が住宅街に埋まっているといった感じなので、この辺りの土地勘がないと非常にわかりにくいと思います。

いや、本当にわかり辛かったです。ですから見つけたときの喜びはコンクリートの中のオアシスだ!・・・って、その分感動してしまいました。訪れるのが困難なほど感動も大きくなるというやつでしょうか。とまあ、これは個人的で大袈裟な感想ですが、訪れる際には住所や地図を用意しておいた方がいいと思います。そして迷子になったら地元の人に聞いた方が確実です。

line

さてこの釣鐘池ですが、現在、区立つりがね池公園として整備されています。この場所は標高45m程もあり世田谷でも標高の高い部類に入ります。高台、湧水とくれば原始人の格好の生活場となるわけで、付近から釣鐘池北遺跡に釣鐘池南遺跡、そして釣鐘池東遺跡といった縄文時代の住居跡を中心とした遺構が幾つも見つかっています。遙か昔からこの釣鐘池の湧水は人間の暮らしと関わり続けているようです。

ではなぜ釣鐘池なのでしょう。池の形が釣鐘の形をしているとか・・・と訪れる前までは安易に考えていたのですが、備えられていた案内板や他の資料を読むと、ちょっとした言い伝えが残っているようです。伝説は二つあって、一つは「近くのお寺同士が争い、その時に鐘を取られまいとある僧が寺の鐘を被ってこの池に身を投げたとか、投げなかったとか。そして池から仏像が流れ出して多摩川に流れ込み、川崎で発見されたとか。」

line

もう一つは「日照りで農民が困り果てているときに、ある僧がこれを救おうと釣鐘を重りとして抱いて池に身を沈め、たちまち大雨が降ったとか。」といった感じです。こういった伝説から釣鐘池と呼ばれるようになったと言われているようです。

夏に行われているせたがや区民まつりを訪れた時、紙芝居コーナーでちょうどこの話をしていました。立ち止まって話を聞くと後者(大雨を降らせた方)に近い話をしていました。その話では和尚さんは寺まで焼いちゃったとか・・・。ちなみにこの話の他にはさぎ草伝説をしていて、もしかしたら釣り鐘池の伝説は世田谷ではさぎ草伝説に次ぐお話なのかなと思ったりも・・・。でも・・・、聞いている子供達は正直どちらのお話もあまり面白そうな反応をしていなかったのが、ちょっと気になったところです。

line

釣鐘池は昭和49年に都から区へ移管され、池の周りにあった湿地帯は埋め立てられ、南東に流れていた水路は埋め立てて道とし、区立つりがね池公園として整備されました。一般的に池のある公園と言えば広々とした敷地内の一部に池があり、その周辺の芝生などでくつろげて・・・といった事を想像してしまうのですが、この公園では北側と南側の池のすぐそばまで住宅が建っているので、敷地内にめいいっぱい池がある公園というか、まあ単刀直入に言うなら池とその周りの木しかないような公園となっています。ある意味凄い公園です。

池自体はひょうたん型をしたありきたりのひょうたん池といった感じでしょうか。池の水は澄んでいて、堅そうな感じの水でした。その水は池の西側から水路へ流れ出していて、流れ出す様子から今でもそれなりに水量が多い湧水池だと感じてしまいますが、昭和25年ごろに湧水が涸れてしまった事や、区内の他の遊水池に比べて不自然に透明度が高いこと、自然保護区に指定されていないことを考えると、水を循環、或いは他所から送っていると考えられます。その辺の事情は詳しい記述がないし、ポンプ室のようなものも見あたらなかったのでよく分かりません。

line

池の水は今も昔も都立祖師谷公園の方へ流れていき、仙川に合流し、野川、多摩川、東京湾へと流れていきます。かつては東南の方向にも水路があったようですが、今では埋め立てられて小道となっています。あじさいが多く植えられているようであじさいの小道と立て札がありました。

池の畔には赤い弁天様の祠が建てられていて、弁天橋というのでしょうか、ちゃんと橋まで架けられています。弁天様らしい鎮座の仕方がされています。そして狭いながらも池の畔を一周できるような小道が設置されていて、池を見ながら散策することができます。

また池の真ん中には鳥が休めるような鳥の家が設置され、鴨がその周りを泳いでいたりと、鳥にもやさしい池になっています。こういった風景を見ると澄んだ自然豊かな池とも言えるかもしれません。いや名水百選の碑を建てておけばかなりの人が信じるぐらい湧水の池として雰囲気があります。

line

文献を読む限り、昔は辺りを深い自然林に覆われていて、仙川に注ぐ水量が豊富な湧水池だったそうです。自然の生き物も豊富で、フナやドジョウ、サワガニなどといった生き物も多かったようです。池の大きさは900坪もあり、それなりに水深もあったことから昭和初期には船を浮かべていたとか。地元の人々の洗い場や生活用水であり、農業用水としても使われ、もちろん子供たちの遊び場にもなっているような人々の生活に密着した池でした。

この状態は昭和の初めぐらいまでで、徐々に周辺に暮らす人々が増え、更には湧水の水量も減り、昭和40年頃には下水を流す為のドブ池であり、ここから流れる川もドブ川となってしまいました。池は濁って、池の大きさも半分程度になってしまったとか。

line

その後は下水処理の発達で池自体はきれいになったものの、池の周囲は家だらけと味気なくなってしまいました。水道が発達して湧水の利用価値がなくなってしまった現在においてはある意味しょうがない事です。水道がない時代の生活ではこういった湧水に人々が集まり、洗濯や水浴び、食器や野菜などを近所の人と世間話をしながら洗っていました。

そして地域全体で湧水や池を大切に使い、常にきれいに保とうと団結していました。また、水を使える事を神様に感謝し、いつまでも水が涸れないように神様をお祀りしていました。日照が続けばこの池で雨乞いを行ったという記録も残っていて、昭和15年頃までは水田の雨乞いをするためにわざわざ大山まで水をもらいに行く弁天参りを行っていたようです。水は人間の生活において生命線です。蛇口をひねったら水が出てくる現在においてはなかなか考えにくい事ですが、昔はこの地域でとても重要な役割を担っていた湧き水だったのです。

line

ちなみに案内板には、「今でも毎年4月7日に弁天祭が行われています。」と書かれていますが、どうなのでしょう。ちょっと調べてみてもそういった画像や情報が出てきませんでしたので、不明です。雨乞い行事は区内全般で行われていたので、特にここだけが特別といったわけではないのですが、ただ古い記述を読むと、昭和15年頃までは大山まで水をもらいに行くような大規模な弁天参りが行われ、その後昭和27年頃まで小規模な弁天祭りが行われ、その後行われなくなったとあります。さすがに水道が発達したり、池もドブ池となった状態では・・・といったところでしょうか。

その後下水処理が行われ、公園として池がきれいに整備された後に再び復活したのでしょうか。法要のみの儀式的な行事だけ執り行われているのかもしれません。或いは、「せたがや花マップ」を見る限りでは4月上旬に地元の自治会によって「つりがね池公園観桜会」が行われているようなので、そういったものに移行したのかもしれません。

line

また、せたがや地域風景資産にも選ばれています。地域風景資産では「つりがね池と樹林」となっていて、樹木にスポットが当たっています。古くからの水源なので池の周りには昔ながらの大きな樹木も多く、近隣の緑、とりわけ東側の保護林と一体となった緑豊かな空間が選考のポイントになったようです。

<せたがや百景 No.47 祖師谷つりがね池 2009年7月初稿 - 2015年10月改訂>
( せたがや地域風景資産 No.1-29 つりがね池と樹林 )