世田谷散策記

 ~せたがや百景~

せたがや百景 No.48

上祖師谷の六郷田無道

狭いうえにも交通量が多く、古い道とは想像もできない。しかし、道筋に寺や社を見つけると、かつてののんびりした往来が目に浮かんでくる。地形に素直に合っている古い道は、なぜか人の匂いがある。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 :上祖師谷1、2丁目
・備考 :ーーー
世田谷百景のロゴ

広告

*** このページの内容 ***

line line

広告

* 六郷田無道について *

六郷田無道沿いの小さな稲荷社
六郷田無道沿いの小さな稲荷社

造園の隣にあるので手入れが行き届きすぎな感じです。元は地主の屋敷社だったのでしょうか。

六郷田無道・・・。最初に思いついたのは六郷用水があって、田んぼが・・・ない!・・・道?って、なんじゃそりゃといった感じでした。実際に自転車で通ってみてもよくわからない道で、田んぼの文字が入っているから昔の農道みたいなものなのかな。稲荷社や造園もあるし・・・といった感想でした。

その次に六郷田無道の言葉を見たのは世田谷城に関する本の中でした。その中で世田谷城近くを六郷田無道が通っている地図があり、「なんとこの道はボロ市通りまでつながっている道だったんだ。」「地域的な農道ではなく、ちゃんとした街道だったんだ。」と知った次第です。

そして更に調べてみると、なんと名前の通り六郷と田無を結んでいた街道だと知りました。六郷はもちろん東海道の六郷の渡しの六郷であり、田無は青梅街道沿いの田無・・・って、いつの間にか田無市は西東京市になっていたのですね。とまあそれはおいておいて、六郷田無道はそれなりに遠距離を結んでいた昔の幹線道路だったのです。

ただこの六郷田無道という呼び方が一般的かというと、それは微妙で、どうやら世田谷限定の呼び方のようです。

六郷田無道 住宅の多いエリア
住宅の多いエリア

ほとんどが一般的な住宅地といった感じです。

世田谷付近の六郷田無道の道筋を書くと、六郷側からの道筋は環七通りと合致します。野沢で品川道と合流し、環七と246が交わる上馬交差点で大山街道と交わり、斜めに駒沢公園通りに向かいます。駒沢生活実習所あたりで駒沢公園通りと合流し、ボロ市通りを目指します。

ボロ市通りを西に抜けると、北西に千歳船橋を目指して進みます。途中で桜丘小学校、経堂4丁目交差点、千歳船橋駅前の稲荷神社を通る道です。

千歳船橋駅の西側を通過すると、ここからは千歳通りと重なります。塚戸十字路は直進で塚戸小学校前を通り、榎の交差点に至ります。ここで滝坂街道と交差します。

この滝坂街道と交差する榎交差点から百景に登場する上祖師谷区間が始まります。といっても、この辺はとても細い道の両脇には住宅が並び、ごくありふれた住宅地といった感じです。

六郷田無道 吉実園付近の真っ直ぐで細い道
吉実園付近の真っ直ぐで細い道

造園業の吉実園があるのでこの付近は緑が多いです。

六郷田無道 吉実園
吉実園

ここでは鶏が放し飼いされています。

これが百景の道?って思いながら進むと、急に緑が多い区間になります。生産緑地地区に指定されている造園業の吉実園の敷地です。

造園業を営んでいるだけあって変わった木や定番の木が沢山植えられていて、しかも手入れが行き届いているので美しい空間となっています。吉実園に関連していると思われる小さな稲荷社もあり、植木などの手入れがきちんとされていました。

木も美しいのですが、ビックリしたのがフェンスに囲まれているエリア。その中では鶏が放し飼いされていました。なんて丸々として健康的な鶏なのでしょう。フェンスに近づいてみると、鶏がワサワサと寄ってきました。とても人懐っこい鶏です。

吉実園を通り過ぎると再び住宅が並ぶ、住宅地といった風景になります。そしてそのまま道なりに進むと踏切があり、給田町の交差点に至ります。

ここで甲州街道と交差します。さらに北上していくと現在の甲州街道と交差し、ここからは吉祥寺通りと重なります。そして東八道路に抜けるといった感じです。

六郷田無道 吉実園の奥の方
吉実園の奥の方

ここから先は再び住宅地になります。

現在の六郷田無道はいまいちパッとしない感じです。確かに古い道は通り抜けがしやすくできているので裏道として利用しやすいのですが、百景に選ばれるような趣を探しても???と疑問を感じてしまいます。

ただ、昭和の初め頃の記述を読むなら、当時は田無街道、あるいは大森田無線、澤田道と言って東京郊外の数少ない環状道路の役割を担っていて、環七、環八が整備されるまではそれなりに重要な道だった事が伺えます。

とりわけ百景に選ばれているこの区間でいうなら、滝坂街道と甲州街道をほぼ直線的に結んでいるので利便性が高く、交通量が多かった事が想像できます。

広告

  • ・せたがや百景
  1. せたがや百景とは?
  2. 世田谷公園
  3. 大山道と池尻稲荷
  4. 世田谷観音とその一帯
  5. 世田谷線(玉電)が走る
  6. 太子堂下ノ谷界わい
  7. 太子堂円泉寺とけやき並木
  8. 北沢川緑道桜並木と代沢の桜祭り
  9. 代沢の住宅街
  10. 代沢阿川家の門
  11. 北沢八幡の秋祭り
  12. 淡島の灸の森巌寺
  13. 若者と下北沢のまち
  14. 下北沢北口の市場
  15. 天狗まつりと真竜寺
  16. 下北沢の阿波おどり
  17. 羽根木神社の参道
  18. 梅と桜の羽根木公園
  19. 松陰神社と若林公園
  20. 上馬の駒留八幡神社
  21. さぎ草ゆかりの常盤塚
  22. 招き猫の豪徳寺
  23. 世田谷城址公園
  24. ボロ市と代官屋敷
  25. 蛇崩川緑道
  26. 駒沢給水所の給水塔
  27. 弦巻實相院界わい
  28. 宮ノ坂勝光院と竹林
  29. 収穫祭と東京農大
  30. 経堂の阿波おどりと万燈みこし
  31. 奉納相撲の世田谷八幡
  32. 北沢川緑道ユリの木公園
  33. 松原のミニいちょう並木
  34. 松原の菅原神社
  35. 下高井戸の阿波おどり
  36. 日大文理学部の桜
  37. 上北沢の桜並木
  38. 船橋の希望丘公園
  39. 廻沢のガスタンク
  40. 芦花公園と粕谷八幡一帯
  41. 粕谷の竹林
  42. 烏山西沢つつじ園
  43. 烏山寺町
  44. 烏山の鴨池
  45. 北烏山の田園風景
  46. 旧甲州街道の道筋
  47. 給田小学校の民俗館
  48. 祖師谷つりがね池
  49. 上祖師谷の六郷田無道
  50. 武家屋敷風の安穏寺
  51. 上祖師谷神明社
  52. 成城学園前のいちょう並木
  53. 成城の桜並木
  54. 成城学園の池
  55. 成城住宅街の生け垣
  56. 成城の富士見橋と不動橋
  57. 成城3丁目桜ともみじの並木
  58. 成城3・4丁目の崖線
  59. 野川と小田急ロマンスカー
  60. 喜多見氷川神社と梼善寺跡
  61. 喜多見慶元寺界わい
  62. 宇奈根氷川神社
  63. 砧小学校の桜
  64. 大蔵団地と桜
  65. 大蔵の五尺藤
  66. 大蔵の総合運動場
  67. 砧ファミリーパーク
  68. 東名高速の橋
  69. 大蔵の永安寺
  70. 岡本玉川幼稚園と水神橋
  71. 岡本三丁目の坂道
  72. 岡本もみじが丘
  73. 岡本民家園とその一帯
  74. 岡本静嘉堂文庫
  75. 多摩川灯ろう流し
  76. 多摩川の緑と水
  77. 新二子橋からの眺め
  78. 兵庫島
  79. 多摩川沿いの松林
  80. 多摩川土手の桜
  81. はなみずき並木の二子玉川界わい
  82. 瀬田の行善寺と行善寺坂
  83. 環八アメリカ村
  84. 玉川台自然観察の森
  85. 用賀観音の無量寺
  86. 馬事公苑界わい
  87. サマー世田谷ふるさと区民まつり
  88. 駒沢緑泉公園
  89. 駒沢オリンピック公園
  90. 桜並木の呑川と緑道
  91. 谷沢川桜と柳の堤
  92. 上野毛五島美術館一帯
  93. 上野毛自然公園
  94. 玉川野毛町公園
  95. 野毛の善養寺と六所神社
  96. 等々力渓谷と等々力不動
  97. 等々力の満願寺
  98. 等々力の玉川神社とその周辺
  99. お面かぶりの九品仏と参道
  100. 田園調布のいちょう並木
  101. 奥沢駅前の広場

* 感想など *

六郷田無道 吉実園の鶏たち
吉実園の鶏たち

昔の農家は鶏糞、食肉、卵と利用価値のある鶏を飼っていました。

かつての旧道、そういった名残りから百景に選ばれたのでしょうが・・・、今では普通の住宅街を通る道となってしまっているような気がします。

ほとんどがありふれた住宅地となっているので、通ってもあまり面白みがなく、特徴的な風景を探すなら吉実園付近だけです。

フェンスに近づくと池の鯉のようにワサワサと寄ってくる鶏たち。とても愛嬌があり、健康的で、丸々としているのでおいしそうでした・・・。現在の世田谷で鶏を昔ながらに放し飼いで育てているのはここだけではないでしょうか。

道の様子は変わってしまいましたが、昔ながらの健康的な鶏を見ることができたのはうれしい誤算でした。とても人懐っこく、見ていてほっこりとしてしまいました。

ー 風の旅人 ー

広告

広告

広告

* 地図、アクセス *

・住所上祖師谷1、2丁目
・アクセス最寄り駅は京王線千歳烏山駅。あるいは小田急線祖師ヶ谷大蔵駅。駅から少し離れています。

広告

<せたがや百景 No.48 上祖師谷の六郷田無道 2009年7月初稿 - 2017年9月改訂>

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告