世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.54

成城住宅街の生け垣

せたがや地域風景資産 No.1-28

成城の近代住宅

成城のまちを歩くと、手入れのよく行き届いた生け垣を見ることができ、住民がまちを大切にしてきた歴史がよくわかる、家々に住む人々の個性や趣味がそれぞれ感じられて、興味が尽きない。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 成城一帯
・地域風景資産の関連団体 : NPO せたがや街並保存再生の会
・備考 : 猪股庭園、こもれびの庭市民緑地は開園時間があります。

*** 成城住宅街の写真 ***

成城住宅街の様子を写した写真
生け垣のある風景1
成城住宅街の様子を写した写真
生け垣のある風景2
成城住宅街の様子を写した写真
生け垣のある風景3
成城住宅街の様子を写した写真
生け垣のある風景4
成城住宅街の様子を写した写真
生け垣のある風景(猪股邸周辺)
成城住宅街の様子を写した写真
生け垣のある風景(猪股邸門前)
猪股邸の写真
猪股邸からみた庭園
猪股邸の写真
猪股邸の茶室
こもれびの庭市民緑地の写真
こもれびの庭市民緑地
こもれびの庭市民緑地の写真
こもれびの庭市民緑地のお宅

* おまけ *

成城住宅街の様子を写した写真
整然と並ぶゴミ箱

なんとなく・・・

成城住宅街の様子を写した写真
住宅地にさりげなく鉄塔

高級住宅街にもあります。

* 成城住宅街と生垣について *

成城といえば高級住宅街。今ではそういったイメージが世間一般的にすっかり出来上がってしまいました。おかげで・・・、もちろんそれだけの理由ではないのでしょうが、東京や世田谷に全く関わりのない人などには「成城のある世田谷区は高級住宅街のある町」という認識から、「世田谷は高級住宅の集まり」と過剰に誤解している方も多々います。世田谷に暮らす人からしてみると何でそうなるの?といった感じですが、実際に私自身よく耳にした事です。

というのも旅好きなのでよく旅に出るのですが、その時に海外、国内を問わず旅先で出会う日本人と社交辞令のように「どこから来たのですか?」などといった会話をします。そして、「東京から」などと答えると「東京のどこといった話となり、「世田谷からです」と言うと、「世田谷ってあの成城のあるところですよね・・・。」「お金持ちなのですね・・・。」などといった返答が返ってくる事が少なくありませんでした。本当になんで「世田谷=成城」なんだと思ってしまうのですが、実際その他に世田谷が全国的に広く知られることもなく、成城のメディアへの露出度が色んな意味で高いのでそうなってしまったのでしょうね。

そういった偏見というか、誤解は普通の場所に住んでいる人間には迷惑千万。まして私の高校時代の友人などは一応住所は成城だったのですが、駅から離れ、きれいとはいえない、いやボロボロの林野庁の公務員住宅に住んでいて、そういったイメージは迷惑だとしみじみ話していました。世田谷も色々あるように成城でも色々あるんだと当時の私は思ったものです。って、その頃の私もすっかり洗脳されていたのですが・・・。

line

成城の歴史は大正14年(1925年)に成城学園がこの地に引っ越してきた事から始まります。その当時の成城は住所も成城ではなく砧村喜多見と呼ばれていました。もちろん高級住宅地の影も形もなく、農家が七軒と田畑と雑木林しかない閑散とした地域でした。

そんな何もないような場所に成城学園が引っ越してきたのは、この地に小田急線が通るという事を事前に知っていたからです。まず学園用に7万9千平方メートルの敷地を購入し、更には付近の6万6千平方メートルの土地を購入し、それを住宅地として整地して売りに出し、学園建設用の費用に充てました。この計画はどんどんと膨らんで最終的には学園用が33万平方メートル、住宅地に122万1千平方メートルにまで拡大しました。これが高級住宅地が形成される初期の事です。

そして小田急線が昭和2年に開通し、成城学園駅ができると、まずは40戸の住宅が建ったそうです。昭和5年には住所が砧村喜多見成城とかわり、昭和9年には437世帯が暮らしていたというから徐々に町が発展していったようです。昭和11年になると砧村が東京市に編入される事となり、その時に初めて世田谷区成城となります。更には昭和45年になると町区域変更が行われ、周辺の喜多見、祖師谷、大蔵の一部を取り込み成城文化圏が一気に拡大していきました。そうして現在の成城1~9丁目という地域が出来上がったのです。

line

とまあ成城の住宅街は成城学園が整地して分譲した事によって生まれたのですが、その頃は既に田園調布を筆頭に新町(桜新町)、上北沢といった手本となるべき高級住宅地が出現していました。イチョウ並木は田園調布を碁盤のマス目の区画や桜並木は新町をといった感じでしょうか。ただ最初から高級住宅地を目指してはいなかったようで、そういった町造りを見習いつつ武蔵野にふさわしい町、とりわけ学園都市の雰囲気を目指していたようです。

この成城が人気になってしまった要因の一つには東宝の撮影所ができた事があげられます。昭和6年に映画録音会社がP.C.L(写真科学研究所)を成城に建てました。それが昭和11年に三社が合併して東宝となり、東洋一を誇る撮影所に発展しました。現在でも仙川沿いにある砧撮影所です。

この撮影所ができた事で、映画俳優が撮影所に近いという事もあって成城に暮らすようになり、また撮影所から近いので成城を含めたこの地域がロケ地として使われる事も度々ありました。それ故に映画俳優が暮らす町、映画のロケ地の町といった憧れからも人気となり、結局のところ人気のある町=地価高騰という事で高級住宅地となっていった側面もあったりします。

line

で、この項目の成城住宅地の生け垣なのですが、何も世田谷を知らない人、例えば日本に暮らすよようになって日の浅い外国人などが自分の暮らしている世田谷をまわってみようといった感じでせたがや百景の項目を見たとき、これは・・・と目に付く項目の一つがこの成城住宅街の生け垣ではないでしょうか。

旅という観点から見ると、やはり独特の景観を作っている町並みというのはその地域の風土、文化を象徴しているもので特に興味深く感じるものです。極端な例を挙げるならヨーロッパに行けばヨーロッパ的な重厚な町並みを歩いてみたいものだし、東南アジアに行けば水上集落などといった独特な文化も訪れてみたいものです。日本でも台風をしのぐために堅牢な石垣を持つ集落や風から守るための防風林をもった集落、土壁の続く町並みや合掌造りの風景などなど色々あります。

生け垣に関しても鹿児島の武家屋敷(出水、知覧など)に植えられているものや三重の国府や松坂の生け垣などは今まで旅した中で特に印象に残っています。と前置きが長くなってしまいましたが、私自身今まで成城の町並みを歩いた事がなかったし、あれこれと話題の多い成城って事でかなり楽しみに訪れた項目でした。

line

初、成城だ!とまあ張り切って駅周辺を散歩してみると、やはり大きな家が目立ちます。さすがは成城。うらやましい・・・、じゃなくて、町並みにもゆったりとしていて煩雑さがないといったところでしょうか。でもまあここは高級住宅街だから当たり前なのかと思うと、そこまで新鮮味のある事柄ではないように思えてきます。

ここでの問題は生け垣です。生け垣に注意を向けつつ観察してみると、そこそこの敷地面積に庭付きの家が整然と建ち並んでいるという事で、当然この界わいでは生け垣や塀といったものが多く見られます。個性的な家もあればシンプルな家、特徴のない家、・・・とまあ様々。さぞ立派な生け垣が並んでいて、町並みが美しいんだろうなと期待していたのですが、正直なところ、ただ個々の家が好き好きに生け垣を付けているといったような感じでした。

もちろん場所によっては、おっと思うような所もありますが、町並み全体から見ると統一性がないのであまり美しいとは感じませんでした。やはり成城住宅の生け垣という事なので全体的に考えるべきでしょうから・・・。そもそも現在では全体的に見れば生け垣というのは主流ではなく、今時の家は塀と生け垣を合わせたり、普通のフェンスに植木鉢を架けたりといった手軽な生け垣が多いようです。生け垣というのはなんかと手入れに手間暇がかかるものですから。現在の都会から廃れるのも無理はありません。

line

しかしながら成城の生け垣が選ばれたのには訳があります。それは成城の町に電車が開通し、水道やらのインフラや公共設備が整い、徐々に住宅街が形成されつつある頃、住民達が町の景観や町造りについて話し合い、家の囲いは塀ではなく生け垣にしようではないかといった取り決めを行いました。

といっても現在の条例とかいった部類のものではなく、強制力のない任意の取り決めでした。これは田園調布の町づくりの取り決めを参考にしたものだと思われます。もっとも田園調布の場合は高級住宅地として庭の割合とか、建築費まで細かく決められていましたが・・・、あくまでも当時の成城は普通の住宅街というか、住民が雰囲気のいい町を目指していたわけです。

line

という事で成城には生け垣をした家が多く、そういった町づくりに対する住民意識や景観保全の努力など多角的に考えて百景に選ばれたのです。とりわけ重厚な生け垣が続いている区画などは古くからの家が集まっている場所の事が多いようです。

もし早い段階で現在のような条例といったものが制定されていたら、もっと違った結果になっていたのでしょうが、区画整理で成城の町も昭和45年に町域が広がったし、昔と違って生け垣が最善の方法とも限らないし、結局のところ住む人の価値観や社会の流れで多少なりとも方法が変わってしまうのはしょうがない事ですし、それを寛容しているところもまた成城の魅力なのかななどとも思ったりしました。

line

ちなみに現在では東京を中心に多くの町で緑化政策を行っていて、世田谷区の例を上げると、

「みどり豊かな環境を確保し、安全で潤いと安らぎのあるまちづくりを進めるため、生垣等助成を行っています。この制度は、みなさんが道路に接した部分に生垣や花壇を造る場合や、建物の屋上や壁面を緑化する場合に、その費用の一部を助成するものです。」といった趣旨で、

生垣緑化については「1、これから新しく生垣等をつくる場合、または既存のブロック塀等を取り壊して生垣等を造成する場合」「2、造成する生垣等が、幅4m以上の道路に接していること。または、道路の中心線から2mセットバックした場所に生垣等を造成すること」「3、造成する生垣の高さが60cm以上あり、葉の触れ合う程度に列植されること」「4、法令、条例等において定められている場合は、基準等を超える部分」という条件で「低木は1mあたり6000円まで、中木は1mあたり12000円まで、多年性つる植物等のフェンスは1mあたり1000円まで、生垣造成に伴う既存のブロック塀等の撤去に関しては1mあたり5000円まで」といった助成金が出ます。

限度額は25万円で必ず着工前に申請が必要だとか。生け垣の良さというか、単に緑を増やそうといった試みのようですね。いい事には違いないのですが、庭のない我が家ではとうてい無理な話です・・・。

line

百景で成城住宅街の生け垣という項目があるのに対して、せたがや地域風景資産では成城の近代住宅と住宅の方にスポットが当たっています。それを踏まえて成城の住宅街の歩き方について書いてみると、まず生垣の方ですが、おそらく一番手ごろなのは成城5丁目の猪股庭園辺りでしょうか。猪股邸を含めてこの辺りは立派な生垣が続いています。この猪股邸と庭園は無料で公開されていて、開館時間内は中に入ることができます。

ここの見所は昭和42年に建てられた邸宅が文化勲章を受賞した吉田五十八氏の設計によるもので、その造りたるや凄まじいこだわりと美意識によって建てられている事です。はっきりいって普通の住宅の域を超えているといった感じです。ボランティアの方がいらっしゃるので、ぜひ説明を聞きながらそのこだわりを堪能してください。

line

そして近代住宅の方ですが、成城三丁目のこもれびの庭市民緑地ではお宅の中には入れませんが、お庭の一部に入ることができ、そこから近代住宅を眺めることができます。塀の外から眺めるよりも少し距離が縮まるので、成城の近代住宅の凄さが少しは実感できるかと思います。そして私のようになんて広い庭と立派な洋館だろうと打ちひしがれてしまう方もいるかもしれません。

その他、別の項目にもありますが、7、8丁目では桜並木のある町並みを見ることができ、3、4丁目の崖線付近では斜面を利用した町並みがあったりと多彩な魅力があるのが成城でしょうか。って、アンチ成城な私だったはずなのに、なんで成城をほめているんだ・・・。

<せたがや百景 No.54 成城住宅街の生け垣 2009年9月初稿 - 2015年10月改訂>
( せたがや地域風景資産 No.1-28、成城の近代住宅 )