世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景のロゴマーク

せたがや百景 No.87

駒沢緑泉公園

人工芝と噴水と緑の公園、樹林園には落葉樹、常緑樹、潅木などが植えられた丘や川がつづく。素足の子ども達が小川の流れに入って遊び、幼い子は人工芝の上をのびのびとかけまわる。都市生活に欠かせないものとして公園空間はある。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 駒沢3-19
・備考 : 樹木園の入場は午前8時半から午後5時まで

*** 駒沢緑泉公園の写真 ***

駒沢緑泉公園の写真
噴水のある広場

結構な高さまで吹き上げます。

駒沢緑泉公園の写真
水遊びをする子供達

なかなか楽しそうでした。

駒沢緑泉公園の写真
噴水と落ち葉のアート

面白い模様になっていました。

駒沢緑泉公園の写真
盆踊り大会

この日は噴水の代わりに櫓が建ちます。

駒沢緑泉公園の写真
樹木園の入り口

8時半から17時まで入園できます。

駒沢緑泉公園の写真
樹木園内の木

樹木園の名に負けない雰囲気があります。

駒沢緑泉公園の写真
せせらぎの始まり

立体感があるので子供達がよく遊んでいます。

駒沢緑泉公園の写真
樹木園を流れるせせらぎ

木々の中を流れていきます。

駒沢緑泉公園の写真
樹木園内

隣接する住宅が気になる部分もあります。

駒沢緑泉公園の写真
ちょっとした池

せせらぎの水はここでためられます。

駒沢緑泉公園の写真
夏の園内

せせらぎと緑で清涼感があります。

駒沢緑泉公園の写真
秋の様子

紅葉と落ち葉で雰囲気が変ります。

駒沢緑泉公園の写真
遊具があるエリア

北側に設置されています。

駒沢緑泉公園の写真
樹木園横の花畑<

ここも公園の一部なのでしょうか。

駒沢はらっぱプレイパークの写真
駒沢はらっぱプレイパーク入り口

楽しげな看板が目印です。

駒沢はらっぱプレイパークの写真
駒沢はらっぱプレイパーク内

リーダーと共に子供達が遊んでいました。

駒沢はらっぱプレイパークの写真
プレイパークと工場

工場裏の空き地っぽくていいです。

駒沢はらっぱプレイパークの写真
記念パレード

マンモスと原始人達が羽根木公園まで練り歩きました。

* 駒沢緑泉公園について *

現在の国道246号、通称玉川通りが桜新町駅前を通る旧246国道と分岐する交差点付近の北側に駒沢緑泉公園があります。一応旧道の通り沿いに看板がありますが・・・、ちょっとわかりにくい場所にあります。というより私自身、何年もこの前を通勤、通学していてその存在を知ったのはせたがや百景を調べ初めてからで、こんな所に公園があったんだと驚いてしまいました。

周辺に住んでいる人はともかく、私のようにこの桜新町や駒沢近辺に馴染みがあってもこの公園の存在を知らない人が多いのではないでしょうか。おそらくちょっとマイナーな公園といった位置づけになるかと思います。

line

この駒沢緑泉公園は昭和49年に自然の魅力を引き出そうと造られた公園です。緑泉公園という名からも、園内には噴水の広場があり、多種の樹木が植えられていたり、小川が流れていたりと水と緑を意識したような公園となっています。世田谷区内には多くの魅力的な公園がありますが、その中でも唯一「緑泉」と名付けられているだけあって、緑と水をほどよく調和させている公園だと言えます。

ただ、そんなに広い公園ではないので、緑豊かそうに見えて、背後にはマンションや住宅があるといったところは都会的というか、釣鐘池公園みたいな感じです。またこの付近はちょっと北側を流れていた蛇崩川の源泉の一つがあった場所です。厳密にこの公園と被るのか、被っていないのか分かりませんが、そういった意味でもせせらぎのある水の豊かな公園となっているのはこの場所にふさわしいような気がします。

line

駒沢緑泉公園内は大まかに分けると3つの部分、細かく分けると5つに分かれています。国道246方面から紹介すると、まず大きな広場があります。多目的広場といった感じの広い空間があり、ベンチなども多く設置されているので、仕事の合間?などに休んでいるような人も多く見かけます。

ここではちょっと工夫がされていて広場の真ん中付近には地面から噴水がわき上がるような仕掛けがしてあります。こういった形の噴水はあまり都内、区内では見かけないので、へぇ~といった感じでちょっと感心してしまいます。とりわけ暑い日などには子供達が噴水をシャワー代わりにして遊んでいるのが楽しそうであり、また涼しげでもありました。

夏にはここで町会の盆踊りも行われ、出店も出てにぎわいます。スペース的に広々として、更には背景に木々が多いので、雰囲気の良い盆踊り会場となります。

line

その次は緑泉公園たる由縁の木々が生い茂り、小川が流れている部分です。樹木園と名付けられているこのエリアは立ち入りが規制されていて、午前8時半から午後5時までしか入る事ができないようになっています。暗い中歩いて小川に落ちたりしないためなのか、自然景観や水や樹木の保護のためなのかわかりませんが、時間外は入り口が閉められて入ることができません。

ここは歩くとまるで雑木林というと語弊があるかもしれませんが、日差しの強い日でも園内は多くの木々によってうっそうとしていて、幾分涼しく感じる事でしょう。また小川ではやはり子供達が元気よく水遊びをしている事もあります。木々が生い茂り、小川のようなせせらぎがありと部分的に切り取ると雰囲気のいい雑木林なのですが、先に書いたようにあまり広い公園ではないので、マンションなどの建物が背後に見えたりして、やっぱり都会の人工的な公園だなと思ってしまいます。

line

そして最後は児童公園のようになっている部分です。樹木園の更に北側、国道246側ではない方に小さな子供向けの遊具が置かれている広場があります。スペース的にはあまり広くありませんが、小さな子供を連れた方の憩いの場となっている感じでした。

この3つの他に、樹木園の西側に面してボタンなどが植えられている花畑エリアがあります。花壇というよりは花の畑といった感じのスペースで、ここもやっぱり公園の一部となるのでしょうか。詳細はよく分かりません。

line

そしてその花が植えられているエリアと道を挟んで駒沢はらっぱプレイパークがあります。区内に四つあるプレイパークの一つです。たぶん、緑泉公園のとは別の管轄になるとは思いますが、せっかくなので紹介しておきます。プレイパークに自体については別の項目で紹介しているので詳細は割愛しますが、ここではプレイリーダーの元で泥だらけになりながら元気に子供達が遊んでいます。

個人的にはすぐ隣が工場というのがいいですね。工場裏の秘密基地というか、工場裏の遊び場というか、なんか昭和の時代を連想して懐かしくなってしまいます。

<せたがや百景 No.87 駒沢緑泉公園 2009年7月初稿 - 2015年10月改訂>