世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.63

大蔵団地と桜

今を盛りと咲き誇る桜。いちばん盛んな樹齢に達した桜が団地と世田谷通りを飾る。シックな団地の壁面と見事なコントラストを作りあげる。住民の皆さんの自慢の春の眺め。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 大蔵3丁目の世田谷通り沿いと大蔵三丁目公園
・備考 : 週末に自治会によって花見会が開かれます。(例年は4月上旬)

*** 大蔵団地と桜並木の写真 ***

世田谷通りの桜並木の写真
弥生橋から見下ろす(新緑の時期)
世田谷通りの桜並木の写真
弥生橋から見下ろす(桜の時期)
世田谷通りの桜並木の写真
ピンクの絨毯のようになる歩道
世田谷通りの桜並木の写真
坂の上の歩道橋から
世田谷通りの桜並木の写真
弥生橋
世田谷通りの桜並木の写真
世田谷通りから大蔵団地、弥生橋を見上げる
世田谷通りの桜並木の写真
坂の下から
世田谷通りの桜並木の写真
遠景で
世田谷通りの桜並木の写真
秋の様子
世田谷通りの桜並木の写真
春とは違った趣があります
大蔵三丁目公園の写真
団地の中にある大蔵三丁目公園
大蔵三丁目公園の写真
湧水のある風景
大蔵遺跡の解説板の写真
大蔵遺跡の解説板
石井神社の跡地の写真
石井神社の跡地

* 大蔵団地と世田谷通りの桜並木について *

世田谷通りは三軒茶屋から国道246号(玉川通り)と枝分かれして、世田谷、桜、上用賀、大蔵、成城、喜多見と世田谷の中心を横切り、狛江市に抜けていきます。車をスムーズに移動させる為の幹線通りである玉川通りと違って、世田谷通りは通り沿いに病院やら大学やらスーパーが多くあり、区役所の近くも通っていたりと、どちらかと言うと生活に密着した道路だといえます。また近年では有名なラーメン屋が多くでき、ラーメン激戦区としてテレビによく登場するのでそっち方面では全国的に有名だったりします。

line

その世田谷通りの大蔵から成城にかけて緩やかで長い坂道があります。なんていうか、下る分には気持ちがいいのですが、登るとなるとひたすらまっすぐの長い坂なので気分的にしんどいといった感じの坂です。この坂は急な坂にならないように切り通しを造って設置されたので、不自然に真っ直ぐで緩やかな坂となっています。

この坂道の両脇には桜が植えられていて・・・、といっても歩道にある街路樹ではなく、歩道の更に外側に植えられています。坂の上の方は大蔵団地があり、敷地を平らにしている都合上、道路から見るとかなり高い位置に桜があります。これがここの特徴の一つとなっていて、桜が咲いている時期にはよりスケールの大きな桜のトンネルができあがります。

交通量が多い世田谷通りで桜並木。道路から少し離れて植えられているので街路樹に向かないとされる桜でも問題なく育っているのでしょうが、これだけ交通量が多い道での立派な桜並木も全国的に少ないのではないでしょうか。

line

そしてここの最大の見所は道路が切り通しになっていることです。更には崖の上には大蔵団地の建物があり、全体的な切り通しの規模を大きくしています。その結果、世田谷通りがちょうど風の通り道になります。ですから桜吹雪が凄いこと。

更には交通量が多いので、道路に落ちた花びらが再び舞い上がりと、バスなどの後ろを走ると、目の前で桜が渦を巻いていることもあります。車だったら「わぁー、きれい」で終わることも、バイクだと「わぁ~、前が見えない!」と危険を感じることも・・・。目的地に到着してバイクから降りると、襟元などに桜の花びらが数枚挟まっていることはよくある話です。

個人的には世田谷区の中でも好きな桜並木の一つです。もちろん切り通しに設置された弥生橋の上から眺めても素晴らしく、桜の開花時期は多くの人が橋の上で写真を撮っています。坂を歩きながら眺めても雰囲気がいいのですが、あまり上にばかり気をとられていると自転車が下り坂を勢いよく下ってくることがあるのでご注意を。

line

ちなみにこの坂を下ると仙川があり、そこには近代的な回転大仏という変わったものが置いてある妙法寺があります。これはこれで面白いような・・・やっぱり味気ないようなといったものです。その境内にある枝垂れ桜もなかなかのもので、期間中にはライトアップされています。

そして再び坂を上ると、成城に別れる交差点があります。それを左に入ると砧小学校があり、ここもまたせたがや百景に選ばれている立派な桜があります。

さらには成城方面に曲がると東宝スタジオがあり、そこにはゴジラの像が建っています。東宝映画のシンボルといったところでしょうか。そのゴジラの像を過ぎると仙川沿いに桜並木が現れます。ここも有名な桜スポットで、期間限定で東宝の道具係さんが桜のライトアップを行ってくれます。

line

大蔵団地について少し書くと、正式には住宅公社大蔵住宅となり、昭和35年に建設が始まりました。かつてこの付近は縄文人が住んでいたようで、昭和34年の調査で竪穴住居11,配石址1の遺構が発掘され、多くの縄文土器も出土されたようです。一応坂の上のところに大蔵遺跡の案内板が建てられていますが、出土品などは郷土資料館に保管されています。

素人的には小さな遺跡があったんだろうなといった感じなのですが、研究者目線だと世田谷区内の遺跡でも有名なもののようです。それにしても縄文人も遙か未来にこんな大掛かりな集合住宅が出来上がるとは思ってもみなかったでしょうね。というか、この場所は縄文集落から始まり、近代的集落へ順調に進化したという事になるでしょうか。そう考えると妙に納得できてしまったり・・・。

line

また東宝の撮影所が近い関係で映画のロケに使われることもあったようです。とりわけ驚いたのが、黒澤明監督の七人の侍(1954年)のロケ地が団地の中にある大蔵三丁目公園付近だったことです。当時のこの付近は田んぼと森だったようで、ここに村のセットをつくり、そして撮影したとか。

といってもこの映画は何カ所かに同じセットを造って撮影したと聞いたので、全てがここで撮影されたわけではないようです。撮影所に近いから取り直しの場面などに使われたのでしょうか・・・。何にしても今では想像できませんね。というより、団地の中に湧水を使ったこんな素敵な公園があるとは知りませんでした・・・。その他、団地内に石井神社の跡地の碑といったものもあります。

<せたがや百景 No.63 大蔵団地と桜 2008年6月初稿 - 2015年10月改訂>