世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.40

粕谷の竹林

せたがや地域風景資産 No.3-17

粕谷本橋家の竹林と野草苑

世田谷からは竹林も姿を消しつつあるが、粕谷あたりには、はっとするほど見事な竹林がまだまだ残っている。風が渡るときなどは、ほんとうに素晴らしい。春、垣ごしに頭を出している竹の子を見つけるのも楽しい。残して欲しい風景だ。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 粕谷2-11付近
・地域風景資産の関連団体 : 野草苑を見守る会
・備考 : ーーー

*** 粕谷の竹林の写真 ***

本橋家の写真
本橋家

百景の案内板も置かれています。

本橋家の写真
本橋家の竹林

 

竹林のある風景の写真
竹林がある路地
竹林のある風景の写真
畑も多いので無人野菜販売も
竹林のある風景の写真
ちゃんと整備されている竹林内

 

竹林のある風景の写真
道路脇の保存林

狭い場所にも竹林があったりします。

竹林のある風景の写真
蘆花恒春園内の竹林

ここにも立派な竹林があります。

* 粕谷の竹林について *

粕谷に限らず世田谷区内を歩いていると立派な竹林や雑木林を時々見かけます。昭和初期頃の緑豊かだった世田谷の名残りで、その頃は民家も少なく、多くの農家が竹林や雑木林を所有していたと聞きます。戦後、復興の後に人口の東京への一極集中が起こり、どんどんと世田谷の人口が増えていきました。それと共に竹林や雑木林、そして畑が次々と宅地に変っていき、今では捜すほどにしかなくなってしまいました。

現在畑や竹林が残っている地域は駅から離れた交通の不便な場所がほとんどです。そういった中でもとりわけ多くの竹林が残っている地域の一つが粕谷で、現在では芦花公園の北側の粕谷2丁目辺りに竹林を多く見ることが出来ます。

line

実際に歩いてみたのですが、さすがにせたがや百景に載っている住所付近の竹林はなかなかの広さを誇っていましたが、それ以外はいまいちパッとしない感じでした。もっともこういった竹林が所々に残っていると知らずに歩いたなら、お~竹林があるといった感じで結構感動したかもしれませんが、わざわざ粕谷二丁目辺りに竹林があると目指して訪れたので、あっ、これが噂の竹林ねといった感じでした。

第三回せたがや地域風景資産にも粕谷の竹林が選ばれているのですが、その中心は本橋家。本橋家の門の前にはせたがや百景の案内板も設置されていて、ここが粕谷の竹林の象徴的な場所になるようです。とはいうものの、個人のお宅だし、外から見ただけでは、あまりにも土地が広すぎてよく分かりませんでした。この付近の一角が親戚を含めて本橋家といった感じのようのです。風景資産によると野草苑も所有しているようですが、それも外からでは分かりませんでした。

line

その他、広い竹林もあれば、マンションの隙間や住宅の庭といった場所、また狭いスペースに保存林として残っている場所もあります。狭いスペースなどでもなるべく残して地域の特徴を出そうとしているのでしょうか。でも意外と竹林は手入れが大変だったりします。手入れする人がいなければ荒れ放題な雑林、藪になってしまい、ヤブ蚊の大発生・・・、そして全伐採ってなことを考えると、なんとなく残していこうというだけではこういう取り組みは難しいと思います。

そう考えると徐々に消えていく風景になってしまうかもしれません。同じ粕谷には蘆花恒春園があり、ここには文豪の蘆花が植えたとされる竹林と武蔵野の林が残っています。結局のところここが粕谷で一番手頃に竹林を散策できる場所ではないでしょうか。

line

粕谷以外では喜多見にある竹山市民緑地は竹林を市民緑地として開放していて、ここは竹林の中に設置されている遊歩道を歩けるので竹林の雰囲気をより楽しめるかと思います。また粕谷の北、烏山の市民緑地、北烏山九丁目屋敷林にも竹林があり、ここには古民家もあって昔ながらの竹林を所有する農家という雰囲気があります。この二つの市民緑地は昔の面影を求めるなら最適です。

それからあまり知っている人はいないかと思いますが、世田谷にはかつてちょっとしたブランドタケノコがあったようです。それは深沢で採れるタケノコで、昭和の始め頃は神田等の市場でよい値段で取引されていたそうです。呑川に流れる多くの水源と深い沢、そして地元の人の丁寧な手入れが良質の竹山(竹林)をはぐくんでいたようです。さすがに知ったときは驚きました。今では言わずと知れた高級住宅地ですから。

けっこう世田谷では美味しいタケノコが採れてしまうようですね。世田谷育ちのタケノコの無人販売も時々見かけるので、興味があれば今度是非食べてみてください。きっと世田谷の味がするかも・・・ってどんな味なのでしょう?

<せたがや百景 No.40 粕谷の竹林 2009年3月初稿 - 2015年10月改訂>
( せたがや地域風景資産 No.3-17、粕谷本橋家の竹林と野草苑 )