世田谷散策記 せたがや風景資産のバーナー
長島大榎公園界隈の緑の案内板の写真

せたがや地域風景資産 No.2-16

長島大榎公園界隈の緑

経堂五丁目の長島大榎公園と経堂五丁目特別保護区、個人宅の緑が一体となっており、まるで住宅地の中にこんもりと森があるようです。地域の住民にとって原風景として愛し続けられている緑豊かな風景です。(紹介文の引用)

・場所 : 経堂5丁目
・登録団体など : 長島風景の会、かがやく目
・備考 : 特別保護区は春と秋に4回公開日があります。

*** 長島大榎公園界隈の緑の写真 ***

長島大榎公園の様子を写した写真
長島大榎公園の入り口

色々石碑が並んでいます。

長島大榎公園の様子を写した写真
大榎がある風景

上部がないのが残念です

長島大榎公園の様子を写した写真
大榎を下から眺める

触ってみるまでレプリカだと気がつきませんでした。

長島大榎公園の様子を写した写真
石碑

道標や供養塔が並んでいます。

長島風景フェスティバルの様子を写した写真
長島風景フェスティバルの様子1

公園内に遊びのブースなどが並びます。

長島風景フェスティバルの様子を写した写真
長島風景フェスティバルの様子2

 

長島大榎公園の様子を写した写真
今年のテーマ

色々な試みを行っているようですね。

経堂五丁目特別保護区

経堂五丁目特別保護区の様子を写した写真
経堂五丁目特別保護区

公開日の様子です。

経堂五丁目特別保護区の様子を写した写真
経堂五丁目特別保護区の様子1

にごった池といった感じでした。

経堂五丁目特別保護区の様子を写した写真
経堂五丁目特別保護区の様子2

落ち着いた雰囲気が残っています。

経堂五丁目特別保護区の様子を写した写真
保護区にある社

屋敷社、或いは水の神様を祀ったものでしょうか。

* 長島大榎公園界隈の緑について *

世田谷区の地図を見ていて興味深いのは同じ駅でも駅を挟んだ片方だけは区画が整理されていたり、町域が変わるととたんに道がぐちゃぐちゃになったりすることです。区画整理には土地の持ち主の損得が関わってくる上に、膨大な費用がかかります。

玉川村のように村をあげて大規模に行うところもあれば、地主が中心となって小規模に行うところ、とりあえず水路だけは真っ直ぐにしたところなど地域によってその方法や規模は様々です。総じてお金をかけて行ったところほど道が広くて区画がきれいな四角形になっているといった感じです。

line

このタイトルの長島大榎公園がある経堂5丁目付近も、昭和37年と比較的近年に経堂区画整理事業によって区画整理が行われました。だいぶん土地が住宅で埋まった後での耕地整理なので、さすがにきれいな碁盤の目状にという訳にはいかず、それなりに整っているかなといった感じです。この事業はこの付近の地主であった長島氏が中心となって行われたのですが、その際に昭和28年から6年間世田谷区長を務めた長島壮行氏の提供で長島大榎公園が開園されることとなりました。

line

長島大榎公園の名の由来は、土地の提供者である長島氏と、この場所にあった榎の巨木にちなんでいて、その当時で樹齢400年以上、幹周り五抱えほどもあったと言われています。しかしながら昭和44年の台風で真ん中から裂けてしまい、その後徐々に腐って枯れてしまったそうです。現在園内に上部がない中途半端な状態である木がその名残で、実はこれは根元部分をレプリカとして残してあるものです。なかなか良くできていて最初は気が付きませんでしたが、触ってみると・・・硬かったです。

それにしても公園の名前に個人の名前が入っているというのは・・・、斬新ですね。最近では命名権で公園などにスポンサーの名前がつけられることがありますが、昭和の時代に行われているとは・・・。って、ちょっと意味合いは違いますが、土地提供者の名前を入れるというのはいいことですし、近年区内ではそういった小さな公園が増えてきています。そういった公園の先駆け的な存在なのかもしれません。

line

この長島大榎公園の隣にも木々が生い茂るお宅があり、公園と連続した風景を造っていますが、通りかかったときに表札を見てみると長島となっていました。この界隈に長島という名は多いのですが、家の大きさからしても地主、たぶん土地を提供した本家の長島さんでしょうか。ここにも大木が多くあり、緑の多い一角をなしています。公園内はそんなに広くありませんが、周囲に緑が多いので空間的には落ち着ける公園かと思います。

そして特徴的なのは耕地整理の碑を中心に多くの石碑や石仏が置かれている事です。恐らく耕地整理の際などに置き場に困ったものなどを集めたのではないでしょうか。石橋供養塔や道標などは趣があって、かつての経堂村の様子を伺うことができます。普通の人にはどうかわかりませんが、旅人としては道標を見ると昔はどこに通じていたのか、どこまで何里なんだとか、あれこれ考えることができ、見ると心なしかワクワクするものです。

line

この公園では「長島風景の会」などの団体によって花壇などの手入れが行われているだけではなく、小規模ながらイベントが定期的に行われています。この界隈は緑が多く、地域の人々にとってはかつて子どもの頃にチャンバラなどをして遊んだ思い出の森になるそうです。今の子ども達にとっても同じように大人になっても心に残る大切な場所になってほしいという思いから結成されたのが「長島風景の会」で、「自然の中で子どもの喚声」「子供と大人の交流」をテーマとして活動を行っています。

子供たちに昔の遊びを知ってもらおうといったような感じの小規模なイベントが中心ですが、年に2回行われる長島風景フェスティバルでは地域の団体が協力して行うので、公園に出店や遊びのブースが並び、多くの子供たちでにぎわいます。

line

長島大榎公園とは道路を挟んだ目の前に、フェンスで囲まれた経堂五丁目特別保護区があります。長島家によって貴重な自然が大切に守られてきた樹林地と湧水の池からなる個人の所有地で、平成4年に保護区に指定されました。区内にはこの他に烏山弁天池、神明の森みつ池、深沢八丁目無原罪といった保護区が指定されていますが、いずれもここと同じで湧水と池があります。

区内にある多くの湧水が国分寺崖線付近にあるのですが、ここは崖ではないところからコンコンと湧き出ているのが特徴です。そのため比較的浅い層から水が湧き出ていて、雨量や季節によって池の水量がかなり変化するそうです。現代では都市化により雨水や河川の水が地下にしみこむ量が減ってきたため、この水源を含めて区内の地下水や湧き水の量が減少しているといった問題があります。特にこのような浅い層の地下水は影響を受けやすいので、涸れてしまう前に対策をしてもらいたいものです。もちろん世田谷区でも湧き水の涵養や治水を目的として雨水の地下浸透を推進していますが、こういう事はそう簡単に対処できるものではないのでなかなか難しい問題かと思います。

line

この保護区は普段でも中の様子は外から伺うことはできますが、春に4回、秋に4回の年に8回ほど世田谷トラストの協力により一般開放日があります。保護区内は池の周囲を一周できるようになっていて、池のすぐそばまで行くこともできます。訪れたときがたまたまそうだったのか分かりませんが、深沢八丁目の無原罪特別保護区と同じようにちょっとよどんだ感じのする池でした。かつては旧経堂在家村の真ん中を通っていた烏山川の水源となっていたほど水量があったようですが、今では水量が少なくなっているのを感じます。

また、この池は湧き出し口がどこにあるのかがはっきりしていなかったり、昔々大男のだいだらぼっちが歩いた足跡が池になったという伝説が残っているといった不思議な池でもあります。そういったことを考えながら散策すると一層楽しいかもしれません。私が訪れたのは秋の方で、そのときは紅葉の様子も良かったのですが、地元の人が言うには春先にはコブシやモクレン、そしてエドヒガンザクラの花が池の水面を美しく染めるので春は一年でもっとも美しいとの事です。

line

長島大榎公園と同じようにこの保護区でも地域のボランティアの方々が活躍しています。この地域の宝である保護区の自然環境の素晴らしさを次の世代へ伝えていこうと、毎月第3木曜日に下草刈り、落ち葉かきなどといった雑木林の手入れを行っていたり、保護区内の生物調査も行っていて、植物開花調査、植生調査、生物調査、標本づくり冬芽の観察、セミの抜け殻調査などを行なっています。そして一般開放日には来場者に対し保護区の魅力を解説しています。

その他長島風景の会のほうでも子供たちのための自然観察会を行っていて、昆虫やザリガニの生態について学べるようです。こういったことができるのはやはり自然の生態系がこの池にあるからで、それは人工的に造られたせせらぎなどではできない貴重なことです。今後も大事にしてもらいたい風景の一つです。

<せたがや地域風景資産 No.2-16、長島大榎公園界隈の緑 2011年7月初稿 - 2015年10月改訂>