世田谷散策記 せたがや風景資産のバーナー
富士見100景の案内板の写真

せたがや地域風景資産 No.1-17

富士見橋より見た富士山の見える眺望

上野毛の富士見橋からは富士山の眺望とともに足元を走り抜ける電車を見ることができる。

・場所 : 上野毛3丁目(五島美術館の横)
・登録団体など : 不明
・備考 : 関東の富士見100景、ダイヤモンド富士は10月30日と2月12日

*** 富士見橋より見た富士山の見える眺望の写真 ***

富士見橋より見た富士山の写真
富士山の眺望(2009年)

二子玉川の再開発の最中です。

富士見橋より見た富士山の写真
アップで

アップにするとなんかいまいちな感じです。

富士見橋と大井町線の写真
切り通しを進む東急大井町線
富士見橋と大井町線の写真
同じく夕暮れの様子
富士見橋の写真
富士見橋の銘

 

富士見橋の写真
富士見橋

ちゃんと歩行者用のスペースが設けられています。

* 富士見橋より見た富士山の見える眺望について *

世田谷で富士見橋といえば「せたがや百景」に選定されている成城の富士見橋が知られていますが、上野毛にも富士見橋があります。こちらも成城の富士見橋と同様に鉄道の切り通しに設けられていて、同じく関東の富士見100景に選定されています。

line

成城のほうは今では切り通しに蓋がされ、列車が足元を走り抜ける光景を見ることができませんが、こちらではまだ健在。大井町線が時々足元を走り抜けていきます。ただ、狭い切り通しなので冬の太陽が低い時期には影が多くなってしまい、いい写真を撮るには難しいような気がします。

それに眺めがいいかといわれるとマンションがあり、高層ビルがありと絵的にはいまいちな感じがします。成城のほうも富士山のすぐ下にビルが建ってしまったり、そのほかの富士山の眺めの良かった場所も微妙な状態になっていたりと、都市化や高層化が進む現状ではこういった事はしょうがない・・・で済ませていいのか分かりませんが、都市化の流れには逆らえない事を考えると仕方ないことでしょうか。

line

ちなみにダイヤモンド富士を見ることができるのは10月30日と2月12日の二回です。おそらくその日は多くの人が訪れているのではないでしょうか。たぶん2月の方が見ることのできる確率が高いと思いますが、2月も中旬になると雲がでやすくなるのできれいに見ることができるかは微妙かもしれません。

line

この富士見橋のすぐ横は五島美術館です。すぐ足元を通っている東急線(東急グループ)の事実上の創業者である故五島慶太氏が生前に収集した日本と東洋を中心にした古美術を展示している私立の美術館です。収蔵品の目玉はなんと言っても国宝の「源氏物語絵巻」と「紫式部日記絵巻」です。どこそこの旧大名家から買い取ったとか。鉄道王の財力恐るべしですね。きっと鉄道を引くのも自分の庭に引く感じだったのでしょうか。そういった事を考えながら富士見橋からの風景を眺めるとまた違った気分に慣れるかもしれません。

line

また五島美術館内には崖線を利用した広大な庭園があります。都指定の天然記念物のコブシをはじめ、多くの石仏が展示してあります。庭園内からの眺望も良く、ここからも富士山を眺めることができ、一般には非公開ですが庭園内には富士山の眺望を堪能できると思われる富士見亭茶室もあります。ただ二子玉川の再開発によって多くのビルが建ってしまったので、昔のような眺望は期待できないかもしれません。

<せたがや地域風景資産 No.1-17、富士見橋より見た富士山の見える眺望 2011年5月初稿 - 2015年10月改訂>