世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.92

上野毛自然公園

崖線の斜面を利用した公園で、木々の間を縫うように階段が上へ伸びている。斜面をおおう深い緑は野趣に富んでおり、大地から多摩川沿いの低地にかけてできた崖の植物相を観察できる。階段を登りきると桜の林が広がっている。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 上野毛2-17
・備考 : ーーー

*** 上野毛自然公園の写真 ***

上野毛自然公園の写真
公園の入り口(坂の上)

石畳の通路は庭園だった名残でしょうか。

上野毛自然公園の写真
里桜が並ぶ広場

散ったソメイヨシノと咲きかけの里桜

上野毛自然公園の写真
長い階段

結構急な階段が続きます。

上野毛自然公園の写真
木々と階段

階段と草木ばかりの風景です。

上野毛自然公園の写真
柵と階段

なかなか面白い絵です。

上野毛自然公園の写真
鳥獣保護区の看板

鳥にはうれしいでしょうね。

上野毛自然公園の写真
坂の下の入り口

丸子川のそばにあります。

上野毛自然公園の写真
坂の下から

手前が丸子川に架かる橋です。

上野毛自然公園の写真
丸子川沿い

丸子川沿いには少し平坦になっています。

上野毛自然公園の写真
菖蒲の花

丸子川沿いには菖蒲の花壇があります。

* 上野毛自然公園について *

国分寺崖線には多くの坂道がありますが、上野毛駅前から下っていく上野毛通りの稲荷坂は二車線道路としてはなかなかの急坂です。この道は中町、深沢と抜けていく道で、古くから大山街道の裏街道として使われていた道になります。大山道の行善寺坂にも下り坂で停まりきらなかったり、バランスを崩して転倒する荷馬車の話が残っているのですが、この急な坂にもそういった話が多く残っています。

この坂沿いの斜面には北側に上野毛稲荷神社、そして南側に上野毛自然公園があります。かつてこの坂の下にあった東急自動車学校に通っていたので何度となくこの道を通っていたのですが、この坂沿いに神社や自然公園があるとは今までちっとも気がつきませんでした。車やバイク、自転車で急坂を通行する場合はあまり余裕がないものですね。

line

現在の上野毛駅の北側や西側付近はかつて上野毛の名主田中家の土地でした。田中家は吉良家家臣の末裔で「一本氏名主」という一段高い格式を与えられていた家柄だそうです。崖線付近の土地も田中家のもので、上野毛稲荷神社は六所神社が野毛(下野毛)に移された後、田中家の稲荷社を上野毛の氏神様として祀ったものになります。

そしてこの項目の上野毛自然公園も田中家の土地でした。しかもただの敷地ではなく、桜や楓が多く植えられた桜楓園と呼ばれる庭園だったそうです。何でも先祖の一人が道楽の全てをかけて粋を凝らした庭園にしたとかで、付近の住民からは旦那の森とも呼ばれていたそうです。

特に桜の花見の頃は美しく、都心より大勢の人が見物にやってきて、中には楽隊を引き連れてきて賑やかに踊ったりと、普段何もないような土地が大いににぎわったそうです。

line

この自然公園には上野毛駅方面から訪れるなら上野毛通りを多摩川方面に進み、五島美術館の通りを美術館と反対側の左に曲がります。するとすぐに覚願寺の幼稚園があり、その横に自然公園の入り口があります。ここから入ると、いきなり敷石が敷かれていて、自然公園なのに・・・と少し違和感を感じることでしょう。恐らくこれは庭園だった頃の名残りで、その石材を使用したものではないかと思います。

そして敷石が敷かれた通路を進むと広場があり、ここには多くの桜が植えられています。これもかつて植えられていた桜なのだと思いますが、昔の記述では芝生が敷かれた広場で、大きな木もなく、富士山の眺望が素晴らしかったということなので、自然公園となったときにこの広場にまとめて植え替えられたのかもしれません。あまり詳しい記述とかがないのでその辺は想像するしかありません。

ただここの桜はソメイヨシノと里桜の二種類が植えられているので、二度桜が楽しめます。ソメイヨシノが散った後で訪れると、あたり一面ピンクの絨毯状態で、頭上には里桜が満開といったきれいな状態となっていることもあります。あまり他の地域の人は知らないので、地元の人にとっては花見のいい穴場なのかもしれません。

line

この桜の広場からはひたすら崖線の斜面で、階段ばかりです。まっすぐ伸びた階段やら曲がりくねった階段やら、階段のオンパレードです。一応自然公園となっているので崖伝いに植物相を観察できるようにといった配慮なのでしょうが、登山のようなスケールがあるわけもなく、山道を散策するような趣があるわけではなく、人工的な階段の連続でなんとも退屈でした。

しかも季節によりますが、辺り一面植物に囲まれているので蒸し暑い事。更には自転車を上の広場に置いて散策しているので、今下っていた分再び登らなければならないと思うと、更に憂鬱になってきます。何が楽しくて私は階段を下って登らなければならないんだと、少々自嘲気味。せたがや百景の案内を友人に頼まれてもここだけは来たくないかもと思ってしまいました。

line

植物に興味がある方やここの公園を管理している方には申し訳ないのですが、あまり植物に興味のない私の感想はこの程度でした。同じく崖線上にある成城三丁目緑地や岡本静嘉堂緑地付近の崖などのように緑の中を散策(トレッキング)するような雰囲気の良い小道や逆に五島美術館のように庭園としてなら感想も別だったのでしょうが・・・、って本来の用途は自然公園なのでしょうがない事ですね。

それゆえに訪れる人も少なく、上野毛駅前のあたりで働いている人が休み時間にゆっくり昼食を食べたいときなどに訪れているといった印象の公園です。

line

階段を下ると丸子川があり、この自然公園も丸子川で終わりです。岡本民家園や静嘉堂文庫の辺りでは親水公園としてせせらぎのような流れだったのが、この辺りではむき出しのコンクリートに囲まれた味気ない用水路といった感じになっています。蓋がされていない分だけ流れが見えてましと考えるのか、それよりも蓋をしてしまってその分車道を広げた方がいいのか、微妙なところかもしれません。

で、この丸子川の辺りでは少し広場になっていて水生植物が植えられています。菖蒲が植えられているという事なので咲いている時期に訪れてみたものの、そんなに数が多くなく、いまいちな感じでした。もっとも雨続きで天気が悪く、ちょっと花がしおれていたのでそう感じたのかもしれません。

その他気がついたのは、自然公園という事で草が多いという事でしょうか。普通の公園では木は沢山あっても草は除草してしまう事が多いので、その辺は自然公園だなと。そして草の茂みからごそごそと鳥達が出てきたりする光景を目撃すると、自然公園に来ているんだなと感じました。

<せたがや百景 No.92 上野毛自然公園 2008年6月初稿 - 2015年10月改訂>