世田谷散策記

 ~せたがや百景~

せたがや百景 No.44

北烏山の田園風景

都会の緑の保全に都市農業が役立っていることが見直されている。田園風景などとっくに世田谷から消えたと思っている人も多いが、この一帯には生産緑地としての畑が残っている。田園風景の広がっていた世田谷の昔日が思い出される。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 :北烏山7-30付近
・備考 :ーーー
世田谷百景のロゴ

広告

広告

* 北烏山の田園風景について *

北烏山の田園風景
北烏山の田園風景

ビニールハウスまで備えた畑もあります。

烏山外れ、世田谷区と三鷹市の境の辺りには今でも多くの畑を見る事ができます。畑ばかりの風景でも田園風景というの?と真っ先に思ってしまったのですが、調べてみると田園というのは田んぼだけではなく田畑のある風景という意味なので、全く問題はありませんでした。

この畑ばかりの北烏山の田園風景ですが、近年ではこの辺りの畑などのオープンスペースがどんどんと宅地に変わっているようで、選定当時の風景とは結構変わってしまいました。

北烏山九丁目屋敷林市民緑地
北烏山九丁目屋敷林市民緑地

世田谷地域風景資産に選定されていて、烏山の代表的な農風景です。

実際にこの辺りを歩いてみると、駅から離れているのでごちゃごちゃしていなく、比較的土地が平坦で、土の質などについては分かりませんが農業に向いた土地だと感じます。そして広い畑も見受けられます。そういった畑がある場所では田園風景といった雰囲気は今でも感じられます。

しかしながら真新しい家が並んだ区画なども多くあり、ここは最近畑から住宅地になったんだろうなと容易に想像できたりします。そして全体的に見るなら、畑あり、住宅地ありとこの付近はなんだか中途半端な虫食い状態な配置になっているような気がします。

といってもこればかりは土地の持ち主の判断による物ですから、間に住宅地が入らないようにとか、畑の区画が続くようにといった事を部外者が期待してもしょうがないのでしょうが、暮らしている人にとっても中途半端な状態はあまり好ましくないに違いありません。

畑のある古き良き日の農家といった主題なら少し離れていますがせたがや地域風景資産にも選ばれている北烏山九丁目屋敷林市民緑地がお勧めです。

畑と屋敷林
畑と屋敷林(三鷹市方面)

昔はこのような畑と屋敷林ばかりの風景だったのでしょう。

そして散歩してみて気が付いたのですが、この項目は田園調布のイチョウ並木と一緒で随分と区外の要素が入っているような気がします。選定時においても田園風景というのは烏山から三鷹市の方を眺めたものだったと思われるし、今では烏山地域の宅地化が進んで、より顕著にそれが現れています。

それにしてもこの辺りの世田谷と三鷹市の境は凄まじくいびつな形をしていますね。何でこうなってしまったのでしょうか。利権がらみでしょうか。畑よりもその方が気になってしまいました。

生産緑地地区の案内板と無人販売所
生産緑地地区の案内板と無人販売所

畑の横には無人の野菜の販売所が設置されています。

この付近の、というより世田谷の畑全体にもいえるのですが、世田谷区の生産緑地地区といった案内板が建てられています。そしてそういった畑の横には無人の野菜販売所が設けられていることがあり、「せたがや育ち」と書かれた幟が立っています。

この辺りを歩いていると、いくつもの無人野菜販売所がありました。この辺りに住んでいるのなら野菜には困らなさそうですね。きっと普段から生産しているところを目にしているでしょうから安心感があります。地元で育ったものを安心して食べられるのはいいことです。

広告

  • ・せたがや百景
  1. せたがや百景とは?
  2. 世田谷公園
  3. 大山道と池尻稲荷
  4. 世田谷観音とその一帯
  5. 世田谷線(玉電)が走る
  6. 太子堂下ノ谷界わい
  7. 太子堂円泉寺とけやき並木
  8. 北沢川緑道桜並木と代沢の桜祭り
  9. 代沢の住宅街
  10. 代沢阿川家の門
  11. 北沢八幡の秋祭り
  12. 淡島の灸の森巌寺
  13. 若者と下北沢のまち
  14. 下北沢北口の市場
  15. 天狗まつりと真竜寺
  16. 下北沢の阿波おどり
  17. 羽根木神社の参道
  18. 梅と桜の羽根木公園
  19. 松陰神社と若林公園
  20. 上馬の駒留八幡神社
  21. さぎ草ゆかりの常盤塚
  22. 招き猫の豪徳寺
  23. 世田谷城址公園
  24. ボロ市と代官屋敷
  25. 蛇崩川緑道
  26. 駒沢給水所の給水塔
  27. 弦巻實相院界わい
  28. 宮ノ坂勝光院と竹林
  29. 収穫祭と東京農大
  30. 経堂の阿波おどりと万燈みこし
  31. 奉納相撲の世田谷八幡
  32. 北沢川緑道ユリの木公園
  33. 松原のミニいちょう並木
  34. 松原の菅原神社
  35. 下高井戸の阿波おどり
  36. 日大文理学部の桜
  37. 上北沢の桜並木
  38. 船橋の希望丘公園
  39. 廻沢のガスタンク
  40. 芦花公園と粕谷八幡一帯
  41. 粕谷の竹林
  42. 烏山西沢つつじ園
  43. 烏山寺町
  44. 烏山の鴨池
  45. 北烏山の田園風景
  46. 旧甲州街道の道筋
  47. 給田小学校の民俗館
  48. 祖師谷つりがね池
  49. 上祖師谷の六郷田無道
  50. 武家屋敷風の安穏寺
  51. 上祖師谷神明社
  52. 成城学園前のいちょう並木
  53. 成城の桜並木
  54. 成城学園の池
  55. 成城住宅街の生け垣
  56. 成城の富士見橋と不動橋
  57. 成城3丁目桜ともみじの並木
  58. 成城3・4丁目の崖線
  59. 野川と小田急ロマンスカー
  60. 喜多見氷川神社と梼善寺跡
  61. 喜多見慶元寺界わい
  62. 宇奈根氷川神社
  63. 砧小学校の桜
  64. 大蔵団地と桜
  65. 大蔵の五尺藤
  66. 大蔵の総合運動場
  67. 砧ファミリーパーク
  68. 東名高速の橋
  69. 大蔵の永安寺
  70. 岡本玉川幼稚園と水神橋
  71. 岡本三丁目の坂道
  72. 岡本もみじが丘
  73. 岡本民家園とその一帯
  74. 岡本静嘉堂文庫
  75. 多摩川灯ろう流し
  76. 多摩川の緑と水
  77. 新二子橋からの眺め
  78. 兵庫島
  79. 多摩川沿いの松林
  80. 多摩川土手の桜
  81. はなみずき並木の二子玉川界わい
  82. 瀬田の行善寺と行善寺坂
  83. 環八アメリカ村
  84. 玉川台自然観察の森
  85. 用賀観音の無量寺
  86. 馬事公苑界わい
  87. サマー世田谷ふるさと区民まつり
  88. 駒沢緑泉公園
  89. 駒沢オリンピック公園
  90. 桜並木の呑川と緑道
  91. 谷沢川桜と柳の堤
  92. 上野毛五島美術館一帯
  93. 上野毛自然公園
  94. 玉川野毛町公園
  95. 野毛の善養寺と六所神社
  96. 等々力渓谷と等々力不動
  97. 等々力の満願寺
  98. 等々力の玉川神社とその周辺
  99. お面かぶりの九品仏と参道
  100. 田園調布のいちょう並木
  101. 奥沢駅前の広場

* 感想など *

せたがや育ちの野菜
せたがや育ちの野菜

いい写真がなかったので他の地域のものですが、販売所にはこの黄色い幟が立てられています。

この付近を散策をしてみたのですが、最近分譲されたんだろうなといった新しい住宅区画が多く、畑を求めて歩いているといつの間にか三鷹市の方に入っていました。そして気がつきました。こっちの方が畑が多く、広いような・・・。

世田谷区の方に新しい住宅が多く見られるという事は同じ住むなら世田谷区の方が・・・といった感じで世田谷区となっている土地の方を優先的に宅地化しているのではないでしょうか。

実際にグーグルマップの航空写真で見ても三鷹の方が畑が多く、烏山の畑はほとんどなくなってきています。これってやはり世田谷のネームブランドとか、行政サービスの善し悪しとかが関係しているのかもしれません。

「世田谷育ち」よりも「世田谷暮らし」の方が人気があるのかも・・・。散策しながら思ってしまいました。

ー 風の旅人 ー

広告

広告

広告

* 地図、アクセス *

・住所北烏山7-30付近
・アクセス最寄り駅は京王線千歳烏山駅。駅から少し離れています。

広告

<せたがや百景 No.44 北烏山の田園風景 2009年7月初稿 - 2017年9月改訂>

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告