世田谷散策記 せたがや風景資産のバーナー
世田谷風景資産のロゴマーク

せたがや地域風景資産 No.1-8

桜上水の野菜畑

桜上水は今尚多くの畑が残る地域であり、住宅街に埋もれつつある現在でも畑を残す努力がなされています。

・場所 : 桜上水2丁目12
・登録団体など : 不明
・備考 : ーーー

*** 桜上水の野菜畑の写真 ***

桜上水の野菜畑の写真
野菜畑のある区画

周辺道路もきれいに整備されてました。

桜上水の野菜畑の写真
畑の様子

季節の変わり目であまり作物が植わっていませんでした。

桜上水の野菜畑の写真
葉の生い茂った畑

日当たりがいいので生き生きとしていました。

土と農の交流園の写真
畑の隣にある土と農の交流園

里桜とはなみずきがきれいでした

* 桜上水の野菜畑について *

桜上水・・・、って聞くと、どことなくお洒落というか、いい響きに感じるのは私だけでしょうか。調べてみると、桜上水の地名は古くからあったものではなく、昭和41年の新住居表示の際に上北沢の東半分が新しく「桜上水」となったものです。

line

地名の由来はこの辺りを流れる玉川上水・・・といっても杉並区なのですが、その土手に続く桜並木の様子を地元の人が桜上水と呼んでいたことから昭和12年に京王線の駅名となり、それが住所にも使われるようになりました。

きっと地元の人も言葉の響きの良さから愛称で使い続け、それがいつしか人々の間で定着し、駅名になり、最終的に地名になってしまったようです。だからこそ新しい地名にも関わらず雰囲気があるというか、魅力ある地名となっているのですね。

ちなみにお隣の赤堤は室町時代頃に赤土の防塁とか、堤があったからそう名付けられたと言われています。桜上水が桜堤にならなかったのは時代によるセンスの違いなのかもしれませんね。そう考えるとちょっと面白く感じてしまいます。

line

その桜上水には日本大学を始め、桜上水団地、都営団地、赤堤通り団地などといった大規模な建造物が多く、またその他にも大きな社宅やマンションが多い地域となっています。こういった広い土地を要する建物が建てられるにはまとまった土地が必要になってくるわけですが、そういった土地の前身は広い畑であったり、地主の所有する雑木林であったりといったことが多いのが桜上水だけではなく、世田谷区内全体に言える事です。

line

この桜上水地域というか、かつての上北沢地域は比較的高台にありながら湧き水が多く、その湧き水が集まり、北沢川となって上北沢村を流れていました。江戸時代になると甲州街道の北側に玉川用水が造られ、後に北沢川に北沢用水として水を流せるようになり、飛躍的に田畑の面積が広がり、収穫も上がりました。

街道に近く、水に恵まれ、野菜などを作るのに適していたので純農村地帯として村は発展していきました。明治9年の地目割合は、田:18.5%、畑:73.0%、山林:6.7%、宅地:2.0%というデータをみても農業が盛んだったことがよく分かります。

line

しかしながら関東大震災以降どんどんと人口が増え、この地域も宅地化が進んでいきました。そして都市化により河川の枯渇、土地の高騰、後継者不足、相続問題、地域開発等々といったことから土地を手放す人も多く、この地域の象徴でもあった広大な畑や雑木林などが開拓され、広い土地では団地などが作られ、小さな土地は住宅地として分譲されていきました。

line

面白い話では、現在ある桜上水団地は三井財閥の三井牧場の跡地だったそうです。なんでも大正3年に茶畑だったこの付近の土地を三井財閥が購入し、三井一族100人ほどの牛乳を搾るために英国より購入した乳牛10頭を放牧したのが始まりで、やがて拡張していき10万㎡(東京ドーム2倍強)に及ぶ広大な牧場になったとか。さすが財閥がやることは半端ないですね。

戦後、昭和23年にはこの牧場の牛乳が市販されるようになるものの、品質の良さから「特別牛乳」と呼ばれるものだったようです。昭和37年牧場は閉鎖され、東京オリンピック開催と前後して、日本住宅公団が、敷地を住宅団地として開発し、桜上水団地になっていったというわけです。

line

桜上水には今も農地が多く残っています。とは言うものの、区内の他の地域に比べて多いかと言われると、そうでもないような印象を受けましたが、実際のところはどうなのでしょう。ちゃんと数字で調べていないので分かりません。ただ教育施設の大きな敷地なども含めて考えると、広々とした田園的な雰囲気を感じる風景もあったりします。

また農地のある近辺の場所では、住宅のデザインを都市的なものでなく、田園的なものにしたり、敷地境界を塀でなく生垣にするなどといった工夫をしている地域もあるとか聞きましたが、これもあまり印象に残っていません。でもこういうのって畑自体がその後に住宅地に変わってしまったら・・・、目も当てられないでしょうね。

line

地域風景資産に選ばれているというか、その代表として住所登録されている場所は桜上水2-12の畑です。訪れるとこの区画全体が広々とした畑となっていました。でもなんていうか、住宅地の真ん中にぽっかりと日当たりのいい土地があるといった感じでしょうか。風景的にはちょっと不自然な感じです。なんていうか畑と周りの風景がマッチしていなく、公園的な畑というのが適切でしょうか。何より原風景的なものを感じないのが残念です。

原風景というのはありのままの風景ということで、正直言ってきれいなものばかりではないし、見た目以外でも臭いなどもします。例えるなら東南アジアなどの市場に行くとその場で鳥などが殺されて解体されている様子を見かけることがあります。血なまぐさい匂いもします。それが本来あるべき姿です。そういった暗い部分を不自然に取り除いてきれいに見せているのが、今の日本の社会であり、都会の住宅地にある畑かなと思ってしまいます。

line

とは言うものの住宅密集している地域に強烈な臭いを放つ家畜小屋をおけるはずもなく、堆肥もあまり臭いのしないものを選んだり、腐った野菜なども放置して肥料にできず、周辺住民のためにあれこれと気配りをしないといけないのが都市の畑の実情です。そのため清潔感溢れるような公園的畑になってしまうのはしょうがないことかもしれません。なぜ都会で畑が消えていくのか。家庭菜園的な事なら問題ないのですが、土地があってもやっぱり周辺の環境を考えると大規模にはやりにくいのです。

line

またこの畑の隣には世田谷区立土と農の交流園があります。この施設は野菜作り等を通して高齢者が土に親しめ、地域交流を活性化するために造られたもので、建物の裏手に畑と果樹園があります。人と人とのつながりはさまざまな趣味や地域コミュニティーによって結ばれていきますが、土と農をテーマにして人のつながり、また地域社会の活性化を図るというのは、やはりかつて多くの畑があり、そういった風景や文化を失わせたくないといった桜上水、上北沢地域に暮らす人々の思いでしょうか。

<せたがや地域風景資産 No.1-8、桜上水の野菜畑 2011年5月初稿 - 2015年10月改訂>