世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.35

日大文理学部の桜

新学年に満開の桜は欠かせない風物詩。日大文理学部には立派な桜のアーケードがあり、勉学に意欲を新たにする学生たちを迎えてくれる。青春時代の学び舎の忘れがたい風景として、記憶されている。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 桜上水3-25
・備考 : 桜の開花時期の週末(3月の最終週末)には「しもたか大さくら祭り」が開催されます。

*** 日大文理学部の桜、しもたか大さくら祭りの写真 ***

日大文理学部前の桜並木の写真
日大正門前の桜並木(初夏)
日大文理学部前の桜並木の写真
日大正門前の桜並木(春)
日大文理学部前の桜並木の写真
桜並木の様子1
日大文理学部前の桜並木の写真
桜並木の様子2
日大文理学部の写真
文理学部の入り口
日大文理学部前の桜並木の写真
桜並木を下校していく様子
日大文理学部前の桜並木の写真
日大桜丘高校とグランド前
日大文理学部前の桜並木の写真
文理学部と高校の間

* しもたか大さくら祭り *

しもたか大さくら祭りの様子を写した写真
祭り時の通り
しもたか大さくら祭りの様子を写した写真
賑わう通り
しもたか大さくら祭りの様子を写した写真
野点と子供の遊具
しもたか大さくら祭りの様子を写した写真
手作りの遊び場
しもたか大さくら祭りの様子を写した写真
日大百周年記念館前の舞台
しもたか大さくら祭りの様子を写した写真
ステージの演技

* 日大文理学部の桜、しもたか大さくら祭りについて *

住所は桜上水になりますが、京王線の桜上水駅と下高井戸駅から同じぐらいの距離に日本大学文理学部があります。日本大学と言えば日本一の学生数を誇るマンモス大学です。当然一つのキャンパスに全てが収まるはずもなく、関東を中心にあちこちにキャンパスが点在していて、世田谷区にはこの文理学部と商学部の砧キャンパス(大蔵団地のすぐ近く)があります。

文理学部というのはあまり聞き慣れないかと思いますが、文字通り文系と理系が融合した総合学部といった感じのようです。大学サイトのコメントでは、百年を越える歴史を持つ複合学部として「文・理融合」を教育理念に、総合的なものの見方や考え方を身に付けた人材を育成する学部だとか。と言うことは、紫式部の源氏物語を学びつつ、ニュートン先生の万有引力の法則を研究しているのでしょうか。って、まあこれは極端な例えでしょうが、両方とも興味ないとジンマシンが出てきそうなぐらい堅い学問かもしれません。

それはさておき、文理学部の正門前の通りは桜並木になっていて、これが百景の桜並木となります。この通り沿いには学校やグラウンドが並んでいて、文理学部の前には日大の百周年記念館。その横に都立の松原高校。文理学部の隣には日大付属桜ヶ丘高校や区立緑が丘中学校と多くの学校があります。そしてこの付近一帯の道路が桜並木になっているので、日大以外の学生たちにとっても思い出の桜並木になっているはずです。

line

またこの通りでは桜の満開時期に合わせて桜祭りが開催されています。どうやら下高井戸商店街の管轄のようで、「しもたか大さくら祭り」と名付けられています。2009年時点で第34回という事なので結構長く続いている桜祭りとなるようです。例年3月下旬の週末に桜祭りが行われるのですが、近年は桜の発育が遅い年が続き、2分咲程度で祭りが行われることが続いています。さすがに頭上が寂しいと気分的にも盛り上がりが欠けてしまいますね。

line

桜祭りの期間中は文理学部前の通りが歩行者天国となり、商店街の店や地域の団体の店などが並び、多くの人が訪れます。日大の文理学部と道を挟んで百周年記念館がありますが、そこにはステージが設置され、ステージイベントも行われます。プログラムを見ると子供達のダンスをはじめ、太鼓の団体、民舞の団体などによる演目、また日大の生徒による歌舞伎もあるようです。ただ観客席が中途半端なのもあってそこまで盛り上がっていないかな・・・といった感じでした。

その他、野点や昔の遊びを体験できるコーナーなど手作り感の溢れるようなブースも多いです。そして祭りの終わりにはビンゴ大会が行われます。これが一番盛り上がるのでしょうか。時間的にあまり長居できなかったのでよくわかりませんが、祭り本部のテントでビンゴのカードを手に入れている子供達が多かったのでそんな気がしました。全体的にはとても雰囲気のいい祭りで、これぞ商店街主催のローカルな桜祭りといった感じを受けました。ただ・・・、突っ込んではいけないのでしょうが、どの辺が「大さくら祭り」なのだろうか・・・。ちょっと気になってしまいました。

<せたがや百景 No.35 日大文理学部の桜 2009年4月初稿 - 2015年10月改訂>