世田谷散策記

 ~せたがや百景~

せたがや百景 No.34

下高井戸の阿波おどり

「おどらにゃ、そんそん・・・・・」町会・商店会を中心に始めた下高井戸の阿波踊りは年々規模が大きくなってきた。本家に負けない熱気と興奮が町を包む。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 :ーーー (下高井戸駅周辺)
・備考 :現在では行われていません。但し、名残として「しもたかサマーフェスティバル」が8月後半の週末に開催されています。
世田谷百景のロゴ

広告

広告

* 阿波踊りとしもたかサマーフェスティバル *

しもたかサマーフェスティバルの会場
しもたかサマーフェスティバルの会場

阿波踊りの後継イベントで、駅近くの駐車場で行われます。

せたがや百景を1番から順番に見ていくと、これで阿波踊りは3回目の登場になります。下北沢、経堂、そしてこの下高井戸。更にはちょっと北になりますが、杉並区の高円寺での阿波踊りは日本国内でも徳島に次ぐ規模と人気を誇っています。そう考えるとこの世田谷の北側から杉並にかけての一帯は阿波踊りが盛んな地域といえるのではないでしょうか。

ただし、それは百景選定時の話で、少々過去の話となってしまったようです。残念ながらこの下高井戸の阿波踊りは随分と昔に行われなくなってしまいました。その詳しい経緯などは聞いていないので推測でしか書けませんが、恐らく踊り手不足ではないでしょうか。

現在下高井戸を本拠とする阿波踊りの連というのは聞きません。もし地元に有名、あるいは熱心な阿波踊りの連が存続していれば経堂や下北沢のように規模の如何を問わなければ続いていた思います。

商店街としても公道を使った阿波踊り大会を開催するのはあれこれと法的手続きをしたり、多くの人員を動員して交通整理や誘導を行ったり、苦情を受けたりと非常に面倒なものです。

地元の連が参加するのなら人付き合いやら自分が楽しく参加するためだとかであまり苦になりません。それに商店街でも応援しようとか、町会や小学校PTAなどとも協力すれば楽しく面倒を行う事ができます。

でも地元の連が参加しなければ面倒ばかりが増えるといった感じです。それに大きな大会ならともかく小さな大会ではやはり地元の連が出るのと出ないのとでは盛り上がりが違います。そういった事から地元連の踊り手が少なくなり、開催するのが困難になってしまったのでは・・・と想像できるのですがどうでしょう。

しもたかサマーフェスティバル 抽選会の様子
抽選会の様子

みんな真剣です・・・。

現在阿波踊りの後継として8月の終わりの週末に「しもたかサマーフェスティバル」が行われています。

2010年時点で第40回目ということなので、阿波踊り大会の時からのカウントなら同じく45回目の下北沢と37回目の経堂の間に始まったという事になると思われます。

このフェスティバルは広い駐車場を使っての典型的な商店街のイベントといった感じで、会場には出店がでて、中央に設置された櫓ではイベントや踊りが行われます。

しもたかサマーフェスティバル 松沢サンバの様子
しもたか名物、松沢サンバ

子供達が楽しそうに踊っていました。

しもたかサマーフェスティバル よさこい踊りの様子
よさこい踊りの様子

ちゃんと鳴子を持って踊ります。

踊りに関して書くと、盆踊りやよさこい、松沢サンバなどが舞台を中心に踊られます。

松沢サンバとはすぐ近くにある松沢小学校の創立100周年に創られたサンバ調の踊りで、あの派手な衣装をまとって踊るサンバとは違いますが、下高井戸名物になっているようで、この曲が流れると子供達が喜んで踊っていました。

プログラムを見る限りでは完全に下高井戸から阿波踊りは消えてしまっていました。それに下北沢の阿波踊りで嫌々踊っていた昭和信用金庫の方々が同じ衣装で生き生きとよさこいを踊っているのを見ると、昭和を知らない世代を中心に阿波踊りは徐々に廃れてきているのかな・・・と考えてしまいました。

広告

  • ・せたがや百景
  1. せたがや百景とは?
  2. 世田谷公園
  3. 大山道と池尻稲荷
  4. 世田谷観音とその一帯
  5. 世田谷線(玉電)が走る
  6. 太子堂下ノ谷界わい
  7. 太子堂円泉寺とけやき並木
  8. 北沢川緑道桜並木と代沢の桜祭り
  9. 代沢の住宅街
  10. 代沢阿川家の門
  11. 北沢八幡の秋祭り
  12. 淡島の灸の森巌寺
  13. 若者と下北沢のまち
  14. 下北沢北口の市場
  15. 天狗まつりと真竜寺
  16. 下北沢の阿波おどり
  17. 羽根木神社の参道
  18. 梅と桜の羽根木公園
  19. 松陰神社と若林公園
  20. 上馬の駒留八幡神社
  21. さぎ草ゆかりの常盤塚
  22. 招き猫の豪徳寺
  23. 世田谷城址公園
  24. ボロ市と代官屋敷
  25. 蛇崩川緑道
  26. 駒沢給水所の給水塔
  27. 弦巻實相院界わい
  28. 宮ノ坂勝光院と竹林
  29. 収穫祭と東京農大
  30. 経堂の阿波おどりと万燈みこし
  31. 奉納相撲の世田谷八幡
  32. 北沢川緑道ユリの木公園
  33. 松原のミニいちょう並木
  34. 松原の菅原神社
  35. 下高井戸の阿波おどり
  36. 日大文理学部の桜
  37. 上北沢の桜並木
  38. 船橋の希望丘公園
  39. 廻沢のガスタンク
  40. 芦花公園と粕谷八幡一帯
  41. 粕谷の竹林
  42. 烏山西沢つつじ園
  43. 烏山寺町
  44. 烏山の鴨池
  45. 北烏山の田園風景
  46. 旧甲州街道の道筋
  47. 給田小学校の民俗館
  48. 祖師谷つりがね池
  49. 上祖師谷の六郷田無道
  50. 武家屋敷風の安穏寺
  51. 上祖師谷神明社
  52. 成城学園前のいちょう並木
  53. 成城の桜並木
  54. 成城学園の池
  55. 成城住宅街の生け垣
  56. 成城の富士見橋と不動橋
  57. 成城3丁目桜ともみじの並木
  58. 成城3・4丁目の崖線
  59. 野川と小田急ロマンスカー
  60. 喜多見氷川神社と梼善寺跡
  61. 喜多見慶元寺界わい
  62. 宇奈根氷川神社
  63. 砧小学校の桜
  64. 大蔵団地と桜
  65. 大蔵の五尺藤
  66. 大蔵の総合運動場
  67. 砧ファミリーパーク
  68. 東名高速の橋
  69. 大蔵の永安寺
  70. 岡本玉川幼稚園と水神橋
  71. 岡本三丁目の坂道
  72. 岡本もみじが丘
  73. 岡本民家園とその一帯
  74. 岡本静嘉堂文庫
  75. 多摩川灯ろう流し
  76. 多摩川の緑と水
  77. 新二子橋からの眺め
  78. 兵庫島
  79. 多摩川沿いの松林
  80. 多摩川土手の桜
  81. はなみずき並木の二子玉川界わい
  82. 瀬田の行善寺と行善寺坂
  83. 環八アメリカ村
  84. 玉川台自然観察の森
  85. 用賀観音の無量寺
  86. 馬事公苑界わい
  87. サマー世田谷ふるさと区民まつり
  88. 駒沢緑泉公園
  89. 駒沢オリンピック公園
  90. 桜並木の呑川と緑道
  91. 谷沢川桜と柳の堤
  92. 上野毛五島美術館一帯
  93. 上野毛自然公園
  94. 玉川野毛町公園
  95. 野毛の善養寺と六所神社
  96. 等々力渓谷と等々力不動
  97. 等々力の満願寺
  98. 等々力の玉川神社とその周辺
  99. お面かぶりの九品仏と参道
  100. 田園調布のいちょう並木
  101. 奥沢駅前の広場

* 感想など *

しもたかサマーフェスティバル 楽しく踊る子供達
楽しく踊る子供達

夏になると日本中で踊られる盆踊り。地域によって様々な盆踊りがあります。その中でも特に有名なのが阿波踊りです。特徴的な踊りと、ノリの良さから全国的に広まりました。

阿波踊りが爆発的に広まったのは戦後の復興が一段落した頃です。当時の日本は娯楽が少なく、また右へ倣えといった風潮があったこともあり、各商店街が積極的に取り入れました。

とはいえ阿波踊りにはある程度の人数が必要ですし、練習も毎回CDでというわけにはいかず、踊りを引き継いでいくのは難しいものなのです。それに阿波踊りじゃなくても、よさこいやサンバの方が風潮にあっているといった商店街が出てくるのも娯楽の多様性の証拠でもあると思います。

下高井戸では阿波踊りは行われなくなってしまいましたが、しもたかサマーフェスティバルとして行事は引き継がれています。根本的な部分、踊り好きという観点から見るなら、踊りが始まると小さい子などが積極的に踊りの輪の中に入っていく様子は阿波踊りからの流れなのかもしれませんね。きっとそうに違いありません。とまあ強引に締めくくってみたりして・・・。

ー 風の旅人 ー

広告

広告

広告

* 地図、アクセス *

・住所松原3丁目31(しもたかサマーフェスティバル会場)
・アクセス最寄り駅は京王線下高井戸駅。

広告

<せたがや百景 No.34 下高井戸の阿波おどり 2009年3月初稿 - 2017年8月改訂>

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告