世田谷散策記

 ~せたがや百景~

せたがや百景 No.58

野川と小田急ロマンスカー

崖線を抜けた小田急線はまず野川を渡る川辺の緑と一瞬のコントラストを作り走り抜けるロマンスカーは私鉄沿線ならではの風物詩。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 :野川の世田谷通り付近から上野田橋辺り
・備考 :現在では高架化され見えません。
世田谷百景のロゴ

広告

広告

* 野川と小田急ロマンスカーについて *

世田谷通りから見た野川と小田急線の高架橋
世田谷通りから見た野川と小田急線の高架橋

手前の高い高架橋は車両基地への引き込み線です。

選定当事の昭和59年と現在と比べて世田谷区で一番何が変わったと考えれば、部分的には用賀や三軒茶屋、二子玉川の超高層ビルを絡めた再開発が頭をよぎりますが、全体的に見れば小田急線の高架橋化ではないでしょうか。

田園都市線ほど大規模な駅前再開発は行われていないにしても、駅前の風景が変わり、開かずの踏み切りもなくなり、沿線の姿は一変しました。区内に残った小田急線の踏切は下北沢周辺のみでしたが、それも平成25年に下北沢駅周辺の再開発と共に線路の地下化が行われ、世田谷代田~東北沢の間の踏切がなくなりました。

区内では運行本数の多い田園都市線と小田急線が地下化や高架化で踏切がなくなったので、残りは京王線となるのですが、議論上は高架化の話が進められつつも、なかなかその計画が前進していかないようです。

さて、この「野川とロマンスカー」という項目なのですが、以前なら野川の川辺を散歩していると、「あっ、ロマンスカーが走っている!」と、一際目立つ赤い車体の列車を目にすることができ、とても絵になっていたようです。

しかしながら1994年の喜多見電車基地の設置や1997年の喜多見駅高架化に伴い線路の景観が変わってしまい、列車が全く見えなくなってしまいました。

野川の桜並木と小田急線の高架橋
野川の桜並木と小田急線の高架橋

美しい遊歩道と桜並木が続きます。

選定当時だと世田谷通り付近からの眺めがよかったようです。現在、世田谷通りから野川を渡る小田急線を見ようとすると、車両基地への引き込み線が一番手前にあり、それが邪魔をしていて本線の方が見えない状態となっています。

反対側ならどうだろう、もしかしたら・・・と、線路の北側に回ってみると、こちら側は野川緑道としてきれいに川沿いが整備され、遊歩道沿いには桜が植えられていました。川には鯉や鮒が泳いでいて、川辺に降りての散歩も良さそうでした。

肝心の小田急線の方は線路が高い位置にあり、車両がほとんど見えない状態でした。これではロマンスカーが通っても屋根付近しか見えず、普通の電車と区別がつきません。

小田急の喜多見車両基地
小田急の車両基地

選定当時はなかったものです。

川沿いのすぐ横に喜多見車両基地があるのですが、その屋上部分の一部は「きたみふれあい広場」という公園と整備されていました。車両基地の上が公園になっているというのも珍しいことではないでしょうか。

もしかしたら車両基地の上の公園からなら列車が見えるのではと期待して訪れたものの、ここからではちょっと遠いし、木も邪魔でうまく見えませんでした。やはりこの項目は過去の風景となってしまったようです。

喜多見不動と小田急線の高架
喜多見不動と小田急線の高架

昔はこの位置に線路があり、踏切がありました。

昔はどうだったのでしょうか。成城といえば撮影の町。不動橋と富士見橋の項でも書きましたが、この小田急線の切り通し部分もウルトラマンシリーズによく登場しています。

それを見ると切り通しを過ぎると喜多見不動のところに踏切があり、この辺はちょっとうっそうとした感じが残っていて怪獣が登場する場面に使われていました。

そしてそのまま今よりもずっと低い位置に掛けられていた橋で野川を越えていました。背景には喜多見不動を含めた崖線の緑があり、野川の川辺の緑もありといった状態だったので、ロマンスカーの赤い車体がよく映えていたわけです。

現在の野川高架橋
現在の野川高架橋

複々線と引き込み線で六本の線路が横切っています。

そういえばまだ赤いロマンスカーって走っているのだろうか?最近見かけないような・・・。普段小田急線を使うことがないので疑問に感じて小田急線のHPで調べてみると、一応赤い車両は走っているようですが、選定当時とは若干デザインなどが違うようです。

それに今では赤いロマンスカーは少数で、青だったり白だったりと近代的な車両が使われているようです。これもまた技術の進歩などによる時代の流れなのですね。

時代の流れといえば、ロマンスカーというネーミングセンスも凄いですね。いかにも昭和的な和製英語というか、ハイカラ英語といった感じです。いまだにロマンスカーという呼称を使い続けているのは余程こだわりがあるのでしょうか。

ちなみに選定当時の車両は小田原の北の方にある開成駅近くの公園で展示保存されているようです。また小田急のホームページでもバーチャル鉄道博物館として歴代の車両を展示してあります。

広告

  • ・せたがや百景
  1. せたがや百景とは?
  2. 世田谷公園
  3. 大山道と池尻稲荷
  4. 世田谷観音とその一帯
  5. 世田谷線(玉電)が走る
  6. 太子堂下ノ谷界わい
  7. 太子堂円泉寺とけやき並木
  8. 北沢川緑道桜並木と代沢の桜祭り
  9. 代沢の住宅街
  10. 代沢阿川家の門
  11. 北沢八幡の秋祭り
  12. 淡島の灸の森巌寺
  13. 若者と下北沢のまち
  14. 下北沢北口の市場
  15. 天狗まつりと真竜寺
  16. 下北沢の阿波おどり
  17. 羽根木神社の参道
  18. 梅と桜の羽根木公園
  19. 松陰神社と若林公園
  20. 上馬の駒留八幡神社
  21. さぎ草ゆかりの常盤塚
  22. 招き猫の豪徳寺
  23. 世田谷城址公園
  24. ボロ市と代官屋敷
  25. 蛇崩川緑道
  26. 駒沢給水所の給水塔
  27. 弦巻實相院界わい
  28. 宮ノ坂勝光院と竹林
  29. 収穫祭と東京農大
  30. 経堂の阿波おどりと万燈みこし
  31. 奉納相撲の世田谷八幡
  32. 北沢川緑道ユリの木公園
  33. 松原のミニいちょう並木
  34. 松原の菅原神社
  35. 下高井戸の阿波おどり
  36. 日大文理学部の桜
  37. 上北沢の桜並木
  38. 船橋の希望丘公園
  39. 廻沢のガスタンク
  40. 芦花公園と粕谷八幡一帯
  41. 粕谷の竹林
  42. 烏山西沢つつじ園
  43. 烏山寺町
  44. 烏山の鴨池
  45. 北烏山の田園風景
  46. 旧甲州街道の道筋
  47. 給田小学校の民俗館
  48. 祖師谷つりがね池
  49. 上祖師谷の六郷田無道
  50. 武家屋敷風の安穏寺
  51. 上祖師谷神明社
  52. 成城学園前のいちょう並木
  53. 成城の桜並木
  54. 成城学園の池
  55. 成城住宅街の生け垣
  56. 成城の富士見橋と不動橋
  57. 成城3丁目桜ともみじの並木
  58. 成城3・4丁目の崖線
  59. 野川と小田急ロマンスカー
  60. 喜多見氷川神社と梼善寺跡
  61. 喜多見慶元寺界わい
  62. 宇奈根氷川神社
  63. 砧小学校の桜
  64. 大蔵団地と桜
  65. 大蔵の五尺藤
  66. 大蔵の総合運動場
  67. 砧ファミリーパーク
  68. 東名高速の橋
  69. 大蔵の永安寺
  70. 岡本玉川幼稚園と水神橋
  71. 岡本三丁目の坂道
  72. 岡本もみじが丘
  73. 岡本民家園とその一帯
  74. 岡本静嘉堂文庫
  75. 多摩川灯ろう流し
  76. 多摩川の緑と水
  77. 新二子橋からの眺め
  78. 兵庫島
  79. 多摩川沿いの松林
  80. 多摩川土手の桜
  81. はなみずき並木の二子玉川界わい
  82. 瀬田の行善寺と行善寺坂
  83. 環八アメリカ村
  84. 玉川台自然観察の森
  85. 用賀観音の無量寺
  86. 馬事公苑界わい
  87. サマー世田谷ふるさと区民まつり
  88. 駒沢緑泉公園
  89. 駒沢オリンピック公園
  90. 桜並木の呑川と緑道
  91. 谷沢川桜と柳の堤
  92. 上野毛五島美術館一帯
  93. 上野毛自然公園
  94. 玉川野毛町公園
  95. 野毛の善養寺と六所神社
  96. 等々力渓谷と等々力不動
  97. 等々力の満願寺
  98. 等々力の玉川神社とその周辺
  99. お面かぶりの九品仏と参道
  100. 田園調布のいちょう並木
  101. 奥沢駅前の広場

* 感想など *

野川の桜と高架橋
野川の桜と高架橋

低い位置を列車が走っていたら絵になりそうです。

鉄道が川を渡る風景、特にシンプルな鉄橋を渡っていく様子は美しく、鉄道写真では人気の構図となっています。かつて野川を赤い列車が渡っていく様子は百景に選ばれるだけあってとても絵になっていたようです。

もし今でも昔と同じ位置に橋がかかっていたならどうでしょう。野川の桜と合わせた様子が絵になり、関東でも有名な鉄道写真スポットになっていたかもしれません。そして多くの鉄道写真家が三脚を並べている様子が野川の春の風物詩になっていたことでしょう。

ー 風の旅人 ー

広告

広告

広告

* 地図、アクセス *

・住所喜多見8丁目-24-3(上野田橋)
・アクセス最寄り駅は小田急線喜多見駅。

広告

<せたがや百景 No.58 野川と小田急ロマンスカー 2008年5月初稿 - 2017年9月改訂>

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告