世田谷散策記

 ~せたがや百景~

せたがや百景 No.38

廻沢のガスタンク

巨大な球形のガスタンクもいつの間にか、まちの風景の中に溶け込んでいく。朝日を浴び、夕日に照らされ、雨に霞んで、一冴の風情さえ帯びてくる。都市風景のなかで一際目立つランドマークだ。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 :粕谷1-7-8(東京ガス世田谷整圧所内)
・備考 :敷地内の見学は出来ません。
せたがや百景の案内板の写真

広告

広告

* 廻沢のガスタンクについて *

環八の歩道橋から見たガスタンク
環八の歩道橋から見たガスタンク

環八からは意外と目立ちません。

環八通りの千歳台の交差点を仙川の方に曲がると、右手にドカッとでかいガスタンクが聳えています。これは東京ガスの世田谷制圧所内にあるガスタンクで、ここには5基の球形をしたガスタンクが設置されています。ガスタンクの正式名称は「ガスホルダー」といい、一つの大きさは直径約33m。中の容量は8万世帯の一日分の使用量に相当します。

って事は、もし爆発なんてしたら8万世帯が一度にガス爆発を起こすほどの大爆発になるという事なのかな・・・。そして連鎖爆発なんてしたときには40万世帯級の大ガス爆発が・・・。と真っ先に考えてしまうのは、子供のときにウルトラマンなどの特撮ものを見た影響でしょうか。本当によく爆発していました。しかも盛大に・・・。そういったガスタンクにとっては災難なウルトラマンの撮影がここでも実際に行われたことがあります。

東京ガス世田谷制圧所内の入り口
東京ガス世田谷制圧所内の入り口

千歳台小学校の真ん前にあります。

ここ東京ガスの制圧所は昭和31年6月(1956年)に建てられ、落成式の写真を見ると当時は二基のガスホルダーだったようです。そしてこの2基のガスホルダーが今あちこちで良く見かける円形のガスホルダーの始まりだったようです。

そういう意味ではこの廻沢のガスタンクは当時としては日本中ここだけしかないような特徴的な風景であり、また由緒あるガスホルダーとしてせたがや百景に選ばれるのも納得です。

ちなみにそれまでのガスホルダーは有水式ガスホルダーといって、大きな茶筒のような円筒形をしていたそうです。現在では数は減りましたが、工場などで使われているようです。

ガスタンクと青空
ガスタンクと青空

間近で見ると結構大きいです。それにしても妙に青空に映えるような・・・

百景のタイトルでは廻沢のガスタンクとなっているのは、今ではこの場所の住所は粕谷町となっていますが、もともとこの場所が廻沢町だったからです。

昭和45年(1970年)の町域変更で滝坂街道の北側が廻沢町から粕谷町に変更となり、廻沢町自体は昔この地域が千歳村だった名残から千歳台に名を変え、昭和59年の百景の選定時にはそれまでの名残りというか、愛称で廻沢のガスタンクとなったようです。

さすがに今では「東京ガスのガスタンク」とか、「芦花公園の所のガスタンク」といった言い方が普通なのでしょうか。廻沢の名は廻沢稲荷神社に残るぐらいですし。

広告

  • ・せたがや百景
  1. せたがや百景とは?
  2. 世田谷公園
  3. 大山道と池尻稲荷
  4. 世田谷観音とその一帯
  5. 世田谷線(玉電)が走る
  6. 太子堂下ノ谷界わい
  7. 太子堂円泉寺とけやき並木
  8. 北沢川緑道桜並木と代沢の桜祭り
  9. 代沢の住宅街
  10. 代沢阿川家の門
  11. 北沢八幡の秋祭り
  12. 淡島の灸の森巌寺
  13. 若者と下北沢のまち
  14. 下北沢北口の市場
  15. 天狗まつりと真竜寺
  16. 下北沢の阿波おどり
  17. 羽根木神社の参道
  18. 梅と桜の羽根木公園
  19. 松陰神社と若林公園
  20. 上馬の駒留八幡神社
  21. さぎ草ゆかりの常盤塚
  22. 招き猫の豪徳寺
  23. 世田谷城址公園
  24. ボロ市と代官屋敷
  25. 蛇崩川緑道
  26. 駒沢給水所の給水塔
  27. 弦巻實相院界わい
  28. 宮ノ坂勝光院と竹林
  29. 収穫祭と東京農大
  30. 経堂の阿波おどりと万燈みこし
  31. 奉納相撲の世田谷八幡
  32. 北沢川緑道ユリの木公園
  33. 松原のミニいちょう並木
  34. 松原の菅原神社
  35. 下高井戸の阿波おどり
  36. 日大文理学部の桜
  37. 上北沢の桜並木
  38. 船橋の希望丘公園
  39. 廻沢のガスタンク
  40. 芦花公園と粕谷八幡一帯
  41. 粕谷の竹林
  42. 烏山西沢つつじ園
  43. 烏山寺町
  44. 烏山の鴨池
  45. 北烏山の田園風景
  46. 旧甲州街道の道筋
  47. 給田小学校の民俗館
  48. 祖師谷つりがね池
  49. 上祖師谷の六郷田無道
  50. 武家屋敷風の安穏寺
  51. 上祖師谷神明社
  52. 成城学園前のいちょう並木
  53. 成城の桜並木
  54. 成城学園の池
  55. 成城住宅街の生け垣
  56. 成城の富士見橋と不動橋
  57. 成城3丁目桜ともみじの並木
  58. 成城3・4丁目の崖線
  59. 野川と小田急ロマンスカー
  60. 喜多見氷川神社と梼善寺跡
  61. 喜多見慶元寺界わい
  62. 宇奈根氷川神社
  63. 砧小学校の桜
  64. 大蔵団地と桜
  65. 大蔵の五尺藤
  66. 大蔵の総合運動場
  67. 砧ファミリーパーク
  68. 東名高速の橋
  69. 大蔵の永安寺
  70. 岡本玉川幼稚園と水神橋
  71. 岡本三丁目の坂道
  72. 岡本もみじが丘
  73. 岡本民家園とその一帯
  74. 岡本静嘉堂文庫
  75. 多摩川灯ろう流し
  76. 多摩川の緑と水
  77. 新二子橋からの眺め
  78. 兵庫島
  79. 多摩川沿いの松林
  80. 多摩川土手の桜
  81. はなみずき並木の二子玉川界わい
  82. 瀬田の行善寺と行善寺坂
  83. 環八アメリカ村
  84. 玉川台自然観察の森
  85. 用賀観音の無量寺
  86. 馬事公苑界わい
  87. サマー世田谷ふるさと区民まつり
  88. 駒沢緑泉公園
  89. 駒沢オリンピック公園
  90. 桜並木の呑川と緑道
  91. 谷沢川桜と柳の堤
  92. 上野毛五島美術館一帯
  93. 上野毛自然公園
  94. 玉川野毛町公園
  95. 野毛の善養寺と六所神社
  96. 等々力渓谷と等々力不動
  97. 等々力の満願寺
  98. 等々力の玉川神社とその周辺
  99. お面かぶりの九品仏と参道
  100. 田園調布のいちょう並木
  101. 奥沢駅前の広場

* ガスタンクのある風景 *

ガスタンクと自動車工場
ガスタンクと自動車工場

レトロなフィアットが並んでいました・・・ルパン、ルパン♪

さて、このガスタンクなのですが、すぐ近くで見るとなんてでかいんだろうと威圧感を感じるほどの存在感があります。ただ大通りの環八からは芦花公園が邪魔をして見えにくく、そこまで他の地域に住む人にはその存在を知られていないのかもしれません。

そういう意味では駒沢の給水塔に似ているのかもしれませんね。都会というのは本当に見通しが悪いもので、30m程度の建造物が遠くから目立つという事はありません。

とはいえ、東京ガスの敷地の周りをぐるっと歩いてみると、敷地内に大きな建物がないためにさすがによく目立っていました。それよりもすぐ近くに家があったり、道を挟んで小学校があったり、マンションがあったりと万が一の時は・・・と、そのことの方が気になってしまいました。

町並みとガスタンク
町並みとガスタンク

この角度から見ると一番迫力があるかも

マンションなど窓から富士山やスカイツリーなどが見えたら家賃が高くなったりする場合があるのですが、ガスタンクが大きく見えるような物件だとやはり少し安いのでしょうか。それとも関係ないのかな。小学校では避難訓練とか教えられているのでしょうか。正門前に消防署があるのは住民を納得させるためだろうか。でも爆発なら一瞬なので意味がないような・・・。

色々と気になるところですが、この場所にガスタンクが現れてからかれこれ50年以上が経っているので、そんな心配をしてしまうのは余所者だけかもしれません。

芦花公園から見たガスタンク
芦花公園から見たガスタンク

やっぱり背景に使うと日常の風景も違和感が・・・

50年といえば半世紀、そう考えるとかなりの歴史があることになります。百景の文章にあるように「いつのまにか街の風景に溶け込んでいく」という表現もあながち間違いではないかなと散策しながら思ってしまいました。

この付近を歩いていてもガスタンクの存在があまり違和感ないように感じたからです。というより、今ではこの周辺で暮らす人はガスタンクがあることが前提でここで暮らしているのでしょうし、新しいマンションなどはガスタンクを意識してデザインを合わせていたりしてそうな気もします(もの凄く勝手な想像・・・)。

桜の季節のガスタンク
桜の季節のガスタンク

子供たちもガスタンクがあるのが日常なのでしょうね。

もはやこの付近に暮らす人にはあって当たり前のランドマーク的存在になっているのでしょうか。すぐ隣の芦花公園からもよく見える事から、子供達にしてもガスタンクを見ながら大きくなっているのでそんなに違和感がなくなっているのかな・・・。毎日見ていると愛着が湧いてくるものなのでしょうか。これはやっぱり実際に住んでみないとわからないものです。

例えば親戚や知人などが訪れてきた際に窓からガスタンクがドカッと見えたなら、間違いなく「あんたなんてとこに住んでいるの!」といった会話が展開されるのではないでしょうか。それが普通の反応だと思います。

でも1か月も暮らしてしまうとランドマークとしての愛着がわくかどうかは別として、何も気にならなくなりそうな気もします。世の中には窓からガスタンクが見えるからここに住みたいといった人もいるのかもしれません。実際に高圧線の鉄塔の下がモダンだとばかりに暮らした作家もいるぐらいですから・・・。

広告

* ガスタンクの安全性 *

菜の花とガスタンク
菜の花とガスタンク

ちょうどきれいに咲いていたので

私の中でのガスタンクというのは、子供のときに見たウルトラマンやゴジラなどの映像にでてきて、怪獣に踏みつけられたり、蹴飛ばされたりして爆発するものといったイメージばかりで、とっても危険な存在でした。

でも現実世界では今のところガスタンクが日常的に爆発したという話は聞いたことがないので、きっと安全な存在なんだろうと思いつつも、やっぱり気になって東京ガスのホームページを覗いてみると、ちゃんと安全面について書いてありました。

「こんな時もガスホルダー(ガスタンク)はだいじょうぶ!!」といった安全性を強調したタイトルになっていて、大地震、台風、竜巻、雷、火災にもしっかり耐えられるんだぞといった内容でした。簡単に抜粋して書くと、ガスホルダーは球体の部分が何枚もの鋼板をつなぎ合わせて造られているので、少々の力で壊れることがなく、基礎の部分もしっかりと造られている上に重心の低い構造物だから、震度6程度の大地震にも倒れることがないそうです。

ひまわりとガスタンク
ひまわりとガスタンク

夏のガスタンクといった感じです。

また、ガスホルダーは球形なので風の影響を受けにくく、風速130m/秒の風が吹いても平気だし、強い風の力が物を下から上へ押し上げる竜巻がきても、こうした風が球形のガスホルダーの下に入り込むことはないから大丈夫だそうです。それにガスホルダーの周囲は広く空間がとってあるので、近くで火災が起こっても直接炎で球体があぶられることはなく、万が一炎がガスホルダーにふれても熱に強い鋼材を使っているため、塗装に変化が起きるぐらいだそうです。

そもそもガスホルダーの中には空気が入っていないので、外から加熱されてもガスが燃えたり爆発したりはしないとか。これは知りませんでした。あとはガスホルダーには避雷針がつけてあるので、雷が落ちて亀裂が入ったり、爆発することもないそうです。

そして安全を保つために10年ごとに約9ヶ月もかけて点検を行っています。その際に施設を見学できる場合があるそうです。

こう書いてあると、町中にあっても大丈夫かなと思えてきます。それに日常生活に支障をきたしような騒音とか悪臭とか有害物質を撒き散らすような事はないので、やっぱり住民の人はそんなに気になっていないのかな。でもやはり・・・どうなのでしょう。あれだけ安全だと強調していた原発も・・・。

広告

* 感想など *

ガスタンクのある風景
ガスタンクのある風景

焼き芋を焼いている様子です。

町の中にガスタンクがあるといった光景は今ではものすごく珍しいわけではありません。道をバイクで走っていると、「あっ、ここにも」といった感じで見かけることがあります。中には外装に絵が描かれているものもあり、こういうのもほのぼのとしていいかなと思ったりします。

最近ではマンホールの愛好家なども現れ、社会ブームまではいかないにしてもニュースで取り上げられていたりします。色々なものに愛着を感じる人がいるんだなと感心してしまいますが、物に対して愛情をもって接すると、その存在が愛おしく感じてくるのは分かる気がします。

ガスタンク愛好家などというのが存在するのか知りませんが、ガスタンクに興味や愛情を持ってみると、色々な角度や色々な時間帯に見せるガスタンクの表情を感じ取ることができるかもしれません。

ー 風の旅人 ー

広告

広告

広告

* 地図、アクセス *

・住所粕谷1丁目7−8
・アクセス最寄り駅は京王線芦花公園駅。駅から少し離れています。

広告

<せたがや百景 No.38 廻沢のガスタンク 2009年3月初稿 - 2017年8月改訂>

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告