世田谷散策記 せたがや風景資産のバーナー
61号鉄塔のプレートの写真

せたがや地域風景資産 No.2-3

代田の丘の61号鉄塔

東京電力の鉄塔のひとつである代田の丘の61号鉄塔のすぐ下には、昭和8年頃、詩人の萩原朔太郎が家を建てて住んでいたということです。その娘葉子の小説にも鉄塔が描写されるなど、文学にゆかりのある貴重な資産となっています。(紹介文の引用)

・場所 : 代田2丁目4-11
・登録団体など : 北沢川文化遺産保存の会
・備考 : ーーー

*** 代田の丘の61号鉄塔の写真 ***

61号鉄塔の写真
鉄塔

向こうに見えるのが60号鉄塔やキャロットタワーです。

61号鉄塔の写真
真下から

当然のことながら入れません!

61号鉄塔の写真
鉄塔の骨組み

よくよく見ると階段がジグザグについています。

61号鉄塔の写真
キャロットタワーから

後ろと重なっているので分かりつらいです。

* 代田の丘の61号鉄塔について *

世田谷風景資産の中でもなかなか変わったタイトルです。代田の丘の61号鉄塔とは代田2丁目の丘の上にある高圧電力の鉄塔のことで、61号というのはこの鉄塔が駒沢線に含まれ、その61番目にあたる鉄塔という意味です。しかしながら実際に訪れてみても、この鉄塔はどこにでもあるごくありふれた近代的な鉄塔です。

なぜこんなありふれた送電線の鉄塔が選ばれてしまったのか。もしこれが日本で一番歴史ある古い鉄塔だとかなら訪れるほうとしてもなかなか魅力的な存在で、感想とかも書きやすかったりしますが・・・、いや、そんなものが住宅地にあったら、付近に暮らしている人たちはいつ倒壊するのかたまったものではないでしょうね。

では、なぜ60号でなく、62号でもなく、この61号鉄塔なのかということになるのですが、それは・・・、私自身、昭和初期の近代文学には詳しくないのでその魅力を説明するのが少々難しかったりします。それが分からないと単なるありふれた鉄塔ということになってしまうので、以下は北沢川文化遺産保存の会の冊子やきむらけんさんのブログなどを参考にして書いています。

line

東京電灯(現東京電力)によってこの高圧線の駒沢線が設置されたのは昭和初期とかで、実際にこの61号鉄塔が建てられたのは大正時代のようです。本当はもっと東側を通したかったようですが、住民の反対運動にあって代田や若林地域を縦断する形になってしまったとかなんとか。今でこそ代田地域は地価の高い住宅地となっていますが、当時は郊外だったので送電線を通すには都合がよかったようです。

その際に61号鉄塔が北沢川の沢から丘を登ったところに設置されました。立地上よく目立ち、見た目以上に高くそびえているような感じを受けます。そして本題ですが、昭和8年にこの61号鉄塔の真下に詩人萩原朔太郎が家を構えました。自らデザインした和洋折衷の家は鉄塔に合わせてか、鋭く尖がった三角屋根だったそうです。そこまでするぐらいですから、土地が安かったから鉄塔の下で我慢しようといったわけではなく、自ら好んで鉄塔の下に住居を構えたようです。

実際に彼の作品の中に鉄塔は登場し、近代化、都市化、モダニズムの象徴的な存在で描かれているそうです。しかしながら彼の娘で小説家萩原葉子の小説「蕁麻の家」にも61号鉄塔が登場しますが、こちらはありありと描写される文章から父とは逆の「不安」が見て取れるようです。親子で両極端ですね。どちらかが現実的とかではなく、こういうのはやはり心の持ちようといったところでしょうか。

line

とまあ、こういった経緯があり、それに今となっては詩人萩原朔太郎と娘の萩原葉子がこの代田に暮らしていた痕跡はなく、唯一何度も作品に登場するこの61号鉄塔だけになってしまったとかで、代田にとっての貴重な文化財というか、文学的な風景となるようです。この風景資産選定人であり、また古くからこの地域の情報を発信してきた北沢川文化遺産保存の会のきむらけんさんの言葉を借りるなら「代田の丘の61号鉄塔は近代日本文学を象徴する鉄塔であるとともに、地域風景資産に選定されたことで、日本一大きい文学風景記念碑になったと言えます。」との事です。

文学的でなかなかうまい例えですね。そういった風に言われるとどこにでもあるありふれた鉄塔でも見に出かけたくなってしまうものです。でもいくら眺めてもありふれた鉄塔なんですよね・・・。訪れるまでがあれこれ考えられて楽しいといったやつでしょうか。

<せたがや地域風景資産 No.2-3、代田の丘の61号鉄塔 2011年5月初稿 - 2015年10月改訂>