世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.32

松原のミニいちょう並木

松原の住宅街のなかにかわいらしいイチョウ並木がある。戦前、別荘の敷地のなかに植えられていたものが、戦後の住宅地化のなかで生き残って、今の姿になった。まちの小さな一角に季節の訪れを告げ、付近の人々から親しまれている。また戦災から焼け残った昭和初期のモダンな住宅が見られるのも楽しい。(百景紹介文の引用)

・場所 : 松原6-22、23付近
・備考 : ーーー

*** 松原のミニいちょう並木の写真 ***

ミニいちょう並木の写真
ミニ銀杏並木がある路地

2本が左で後は右側

ミニいちょう並木の写真
イチョウに囲まれた角のお宅

右の2本が左写真の2本のイチョウ

ミニいちょう並木の写真
上の写真の奥の部分
ミニいちょう並木の写真
部分的に切り取れば立派なイチョウ並木?
ミニいちょう並木にある銀杏ロッヂの写真
道の途中にある銀杏ロッヂ

* 松原のミニいちょう並木について *

松原の住宅街の中にイチョウ並木があります。それだけなら特に変哲もない事なのですが、ここのイチョウ並木は大通りならともかく奥まった細い路地にあります。バイクで訪れたものだから一方通行ばかりでえらく辿り着くのに苦労しました。いや本当に人目に付かないような細い路地なのです。

一体なぜこんな場所にあるの?というのは自然な疑問なのですが、どうやらこれは百景の文章にあるように別荘の名残だそうです。お屋敷までの道に植えられたとか、屋敷林だったとか、ネットで探しても記述が少ないのでよくわかりませんが、とんでもなく大きなお屋敷だったようですね。

一体誰のと気になったのですが、いまいちよくわかりません。ただ昭和初期の時代は近くの羽根木公園は根津山と呼ばれていたように根津財閥の物でした。本宅は青山にあるわけだから別荘が自然豊かなこの場所にあってもおかしくはないはずだし、立派な並木があっても納得できます。とまあそういった記述がちょっとあったのですが、いまいち信憑性の方がわからないので参考程度にしてください。

line

さてイチョウ並木の方ですが、狭い路地に並んでいるのでかなり独特な景観を作り出しています。ほんと窮屈な並木道です。すぐ近くに家が建っているので日当たりもよくなく、紅葉も区内では遅い方だと思います。しかも狭い道なので大量に落ち葉が舞い落ちたら道路一面が黄色の絨毯になってしまいそうです。掃除するのも大変でしょう。

それにしても、紅葉には微妙に早かったとはいえ土曜日に写真を撮っていても誰にも会わない並木道って・・・。やっぱりミニいちょう並木だなって思ってしまいました。それから百景の説明文にある昭和初期のモダンな住宅は・・・・、イチョウ並木に気をとられてしまいよく分かりませんでした。気がつかなかったということはもう町並みが変わってしまったのかもしれません。

<せたがや百景 No.32 松原のミニいちょう並木 2009年3月初稿 - 2015年10月改訂>