世田谷散策記 せたがや百景のバーナー
せたがや百景の案内板の写真

せたがや百景 No.100

奥沢駅前の広場

目蒲線奥沢駅は区内で最も整備された駅前広場を持つ。緑と噴水は乗降客を慰めるばかりではなく、まちの人々の憩いの場ともなる。区内には多数の私鉄駅があるが駅前はその町の玄関、ゆとりを作る工夫がほしい。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 奥沢3-47 奥沢駅前
・備考 : ーーー

*** 奥沢駅前の広場の写真 ***

奥沢駅前の広場の写真
駅前の噴水広場1

小さいながらも噴水のある広場です。

奥沢駅前の広場の写真
駅前の噴水広場2

木も何本か植えられています。

奥沢駅前の広場の写真
駅前の噴水広場3

 

奥沢駅前の広場の写真
駅前の噴水広場4

駅前ということでくつろいでいる人も多かったです。

* 奥沢駅前の広場について *

高度成長期、それは高性能、効率化を合言葉に行われていきました。電化製品、車、建物などはいかに高性能であるかを強調し、無駄なものは非効率で前時代的と排除されました。そうして世田谷区に限らず都市部の再開発においても、駅や駅前は土地の無駄を省き、都会らしい窮屈な景観となっていきました。営利主義の私鉄沿線といったことを考えれば仕方ないことですが、区内の駅前の多くは息の詰まるような景観となっていきました。

その結果というかどうか分かりませんが、都内の土地は高いし、買えても狭い土地だし、物価は高いし、空気は悪いし、町全体が窮屈だしと郊外へマイホーム族はどんどん移住していきました。一方、郊外の駅は比較的土地の融通が利き、駅前に広くスペースが設けられています。駅前だけではなく、駅周辺にしても広めに道や歩道など整備され、住宅団地の整備と再開発においてもゆったりとした空間が設けられています。

都心部との対比を強調することで郊外の魅力を高めているとも言えます。都会のごちゃごちゃしたところに住むよりも、こっちの方がいいんじゃない。空間の開放感があるし、土地も安いし、空気もいいし、少々の通勤時間が長くなるけど我慢しようかな・・・といった世の中の流れが加速していきました。

line

もの凄く大袈裟に言うなら、そんな流れに待ったをかけたのが世田谷区ではこの奥沢駅という感じになるのでしょうか。近年では鉄道会社の独断の商業主義の開発ではなく、自治体と企業、そして住民の話し合いにより、再開発が進められるようになりました。住民が要求する「バリアフリーは?」「歩きやすさは?」「緑の景観は?」といったことを自治体や企業が無視できない世の中になったといってもいいでしょう。その先駆け的存在がこの奥沢駅だったのではないでしょうか。

実際に訪れてみると、そんなに大きな広場ではなく、これが・・・といった感じでした。近年では大きな駅前広場が増えているので、そういう意味ではちょっと期待はずれでした。やはり当時としてはこれが限界だったのでしょうか。でも小さいながらにも噴水があり、ちょっと今時のコジャレた感じの憩いの場所になっているのは確かで、夕方訪れると多く設置されているベンチではくつろいでいる人が多くいました。

普通の公園よりも人間を観察するのが好きな人にはいい公園かもしれません。何にしても駅前に広場があるというのはいいものです。特に憂鬱な気分の時の出勤時は、駅の入り口が何ともゆがんで見えるもので、そんな時に心癒される広場があれば少しは気分が和らぐというものです。って私ごとですが・・・。

line

この項目も勝手に深く考えていくと、やはりこれも羽根木神社の参道と同じで、法的にどうにもならない住民の町つくりの提言を行政側が意図的にふくらませた百景でもあるような気もします。この場合は駅前に広場を設置しなければならない義務や法律といったものはなく、鉄道会社にしてみれば土地の無駄という事になるけど、そういったスペースがあれば住民にとってはうれしいし、その心意気はこういった百景などで具体的に評価されますよといったところでしょうか。

もちろんこれは勝手な推測ですが、でも結果として区民に対してこういった駅前のスペースがあると幸せになれるよとアピールできたわけでありますから、ある意味百景の存在意義となる項目かなと思えます。百景の選定の後に行われた用賀の再開発ではとても広く駅前のスペースが取られることとなりました。そういう方針で開発が行われるのが世の中の流れだったとはいえ、もしかしたらこの奥沢駅の百景への選定が見えない部分で一役買っていたのかもしれません。

line

ちなみにこの広場が活気付くのは奥沢神社の例大祭の時です。奥沢神社がせたがや百景に選ばれていない事が不思議でしょうがないのですが、奥沢神社には大蛇のお練りという変わった風習があります。大祭期間の土曜日に藁で作られた大蛇が奥沢の町を練り歩き、そして日曜日にはこの奥沢駅前から各町会神輿が奥沢神社に向かって連合で渡御していきます。その時にこの駅前広場の前を通って行くので、普段は静かで落ち着いた雰囲気の広場が大いに賑わいます。

<せたがや百景 No.100 奥沢駅前の広場 2008年6月初稿 - 2015年10月改訂>