世田谷散策記 せたがや百景のバーナー

せたがや百景 No.69

岡本玉川幼稚園と水神橋

岡本幼稚園の建物は二・二六事件で暗殺された蔵相高橋是清の別邸だったもので、山荘風の構えがよく幼稚園にマッチしている。風光明媚な国分寺崖線には戦前多くの高官や財界人の別荘別邸が立てられ、現在の良好な住宅街に引き継がれてきた。水神橋あたりには当時別荘から眺められた田園風景の面影がそこはかとなく残っている。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 : 岡本3-35-10(玉川幼稚園)
・備考 : 現在では建物は建て替えられてしまい近代的になっています。

*** 岡本玉川幼稚園と水神橋の写真 ***

岡本玉川幼稚園の写真
玉川幼稚園

現在では近代的な建物に建て替えられています。

岡本玉川幼稚園の写真
別の角度から

2階からの大きな滑り台が気になります。

水神橋の写真
水神橋
水神橋の写真
横から見た水神橋
水神橋の写真
水神橋から多摩川方面
水神橋の写真
水神橋と丸子川親水公園
水神様の祠の写真
水神様の祠

水神橋の近くにあります。

水神様の祠の写真
鳥居と社

* 関連の写真 (高橋是清氏) *

高橋是清の写真
高橋是清翁の銅像

青山の高橋是清翁記念公園に建てられています。

* 世田谷公園の解説や感想 *

岡本三丁目の坂道は昔から通っていたので、この付近はそれなりに知っていました。ただ坂の下にあった「幼稚園注意」というのがこの由緒ある幼稚園だというのは知りませんでした。今回細い路地を入って岡本幼稚園を訪れてみると、幼稚園はあるにはあるのだけど、名前は玉川幼稚園となり、建物も近代的になっていました。

う~ん、敷地も建物もでかい。なかなか立派な幼稚園のようです。それに敷地内にある数々の遊具がとても楽しそうな雰囲気を醸し出していました。それと建物の2階から1階へ降りることができる大きな滑り台には驚きました。あれはどうみても非常用ではないはず。でも普段から使われているのだろうか。色々と想像してしまうのですが、生憎と訪れたのが休日だったので想像を膨らませるだけ。でもこれだけ楽しそうな幼稚園なら、いつも元気に園児が走り回っているのではないでしょうか。

line

残念ながら百景の文章にある「岡本幼稚園の建物は二・二六事件で暗殺された蔵相高橋是清氏の別邸だったもので、山荘風の構えがよく幼稚園にマッチしている。」というのは昔の話となっていました。昔の写真を見ると、三角屋根がなかなか似合っている木造の山荘風の建物なのですが、現在ではコンクリート製のありふれた感じの幼稚園に作り変えられています。

さすがに園児の安全性などを考えると古い木造建造物ではどうしても限界があります。日本中の木造校舎がどんどん鉄筋に変わっていってる状況から考えれば、これもまたしょうがないことのように思います。建物のみを別の場所で保存する方法もあったのではとも考えられますが、幼稚園として使われ、改造されたことで建物がどのような程度だったのかもわかりませんし、それだけの価値のある建物だったのかもよくわかりません。

ちなみに同じ崖線でいうなら瀬田四丁目広場にある小坂邸は昭和初期に衆議院議員を歴任した小坂順造氏の別宅として建てられた建物です。当時この付近には政財界人などが週末を過ごすための別邸が多く建てられましたが、現在こういった別邸で現存し、公開されているのは小坂邸だけとなってしまい、移築されたものでは二子玉川公園に旧清水邸書院があります。

line

高橋是清(1854~1936)について少し書くと、明治時代の後期には日本の金融界の重鎮であり、大正から昭和初期にかけては首相、蔵相をつとめる政治家だった人物です。歴史的人物であることから、本邸のあった赤坂(7丁目、青山通りのカナダ大使館ビルの隣)の敷地は、現在高橋是清翁記念公園となっていて、公園内は庭園風に整備されています。そしてそこに建てられていた邸宅は都立小金井公園内の「江戸東京たてもの園」に移築され、公開されています。そう考えると岡本の別邸も一緒に・・・と考えてしまうのもしょうがないことですね。

このほか世田谷区内には同じくせたがや百景に選ばれている弦巻の実相院に「高橋是清翁之鬚墓」というものがあります。これは翁の愛顧を受けた永井如雲画伯が生前にもらい受けた鬚を保存していて、それを埋葬したものです。翁の正式な墓の方は多摩霊園にあります。

line

次の項目に登場する強烈な坂、岡本三丁目の坂を下り切った先に仙川が流れています。この道とは一本ほどずれていますが、仙川にかかっている橋が水神橋です。特に何がある橋ではなく、多くの人が何事も感じることなく渡ってしまう橋だと思います。

近くに水神様を祭った祠があるわけでもなく・・・、と思っていたら、先日大蔵氷川神社のお祭りを見学しに出かけた際に小さな祠を発見しました。おっ、これが水神様かとワクワクしながら近づいたものの、水神様の文字どころか、何も文字の類がなく、よくわからない祠でした。すぐ隣が水路の跡だし、水神様っぽいと思い写真だけ撮って後で調べてみると、これが水神様になるようです。

なんでも大正時代に六郷用水で子供の死亡事故が多発したために鎌倉の易者に占ってもらったところ、水神様の御神体がどこかにあるはずだからそれを捜して祀れば事故が起こらなくなるとのこと。結局ある家で漬け物石に使われていた事が分かり、それを祀るようになったのが水神様になるようです。話の真偽のほどは分かりませんが、祠の中に祀られている御神体は漬け物石ぐらいの石で、今でも3月3日に祭事が行われているそうです。

line

また、百景の文章では昔の田園風景の面影が・・・との事ですが、現在ではあまり感じることができません。ちょうど水神橋付近で仙川に合流する丸子川は親水公園となっていて、この付近の風景は昔はこんなんだったんだろうなといった面影を残している感じです。

思えばこの一体は住宅地が多くなったものです。水田や田畑がどんどんと埋め立てられ、住宅地などになってしまいました。この辺りは駅から遠いものの、繁雑な駅前を嫌う人には人気があるようです。でもお金持ちはやはり坂の上の見晴らしのいい場所が定番ですね。岡本三丁目の坂上辺りなどは財界人の別邸ばりの住宅が並んでいます。晴れた日には富士山まで眺められるという抜群の眺めなので、とってもうらやましいです。

<せたがや百景 No.69 岡本玉川幼稚園と水神橋 2008年6月初稿 - 2015年10月改訂>