世田谷散策記 ~せたがや百景~

せたがや百景 No.83

玉川台自然観察の森

環八沿いのビルの裏手にこんもりと緑の盛り上がった森がある。ここは密生した植物とともに昆虫や小鳥が共生している自然空間となっている。過密な都市の中に生きているこうした自然のスペースを大切にしたいものだ。(せたがや百景公式紹介文の引用)

・場所 :玉川台2-30
・備考 :現在は五郎様の森緑地として公開されています。公開時間:9:30~16:00(冬)17:00(夏)

***  このページの内容  ***

line line

広告

* 玉川台自然観察林(玉川台二丁目五郎様の森緑地)について *

玉川台二丁目五郎様の森緑地 住宅街にある自然観察林の写真
住宅街にある自然観察林

かなり違和感のある光景です。

こんなところに雑木林が残ってる。環八の東名下交差点を自転車で通るのが怖く、一時期この横を通って通勤していたので、この自然林はよく知っていました。

敷地内の木々はぼうぼうだし、敷地横の道路にタクシーなどの車が停まり、中で運転手が仮眠していたり、フェンスには立ち小便禁止の看板が貼ってあったり、誰の持ち物か知らないけど少しは手入れをしたらいいのに・・・、無粋な地主だな・・・と思いつつその横を通過していました。

しかし自然観察林なら手入れしたらその意味がなくなってしまいますね。なんだ、そうだったのか。今までの疑問が晴れ、ようやく納得がいきました。

玉川台二丁目五郎様の森緑地 の写真
用賀ビジネススクエアと自然観察林

二車線道路だけどこの先は行き止まりなので交通量が少ないです。

さて住宅街の一画に不自然に残っている自然観察林ですが、なんでこんな所にあるの?というのが正直な感想だと思います。

古い記述に少しこの森について書いてありました。

用賀駅前の通りは江戸時代の旧大山街道という事になるのですが、ちょうど首都高の高架をくぐるところは谷沢川と交わる地点でもあり、田中橋がかけられています。

現在この辺りは暗渠になっているので橋自体はとても目立たなくなっていますが、一応交差点が田中橋となっています。

玉川台二丁目五郎様の森緑地 敷地内に山盛りの木々の写真
敷地内に山盛りの木々

間近で見ると結構迫力があります。

かつてはこの上を玉電の軌道が引かれていて、大雨が降ったりすると谷沢川があふれて辺りが水浸しになり、電車が運行できなくなったとか。

田中橋というのも田んぼの真ん中で田中橋と名づけられたというのは今では考えられない事ですが、そんな田中橋より北西を望むと「五郎様の森」と呼ばれるたいそう立派で、大きな森を見る事ができたという記述がありました。

その森の持ち主は高橋五郎衛門という方で、その名残が現在の自然観察林という事になるようです。同じ区画にある大きな敷地のお宅の表札も高橋になっていたので、この辺一帯の土地を所有するほどの人だったようです。

玉川台二丁目五郎様の森緑地 自然観察林の看板の写真
自然観察林の看板

カブトムシを飼っているようで、看板にはカブトムシが描かれていました。

かつては玉川台自然観察林として敷地内は一般には非公開となっていました。この自然観察林は昭和57年から世田谷区が借受け、樹林地を保全するとともに、自然に親しむ場所として活用していました。

入り口から内部を覗くと、あれだけ木々が生い茂っているのですから、当然内部は木々のために薄暗く、その中に管理小屋やカブトムシ飼育小屋がひっそりと建っていました。本当に木々に囲まれた空間といった感じでした。

カブトムシの成長観察など小学生などが授業等で利用していたり、腐葉土をつくっていたそうです。

玉川台二丁目五郎様の森緑地 自然観察林の内部の写真
自然観察林の内部

かつては外からしか見ることができませんでした。小屋の中ではカブトムシが飼育されています。

2017年に隣接する民有地を市民緑地として契約し、玉川台二丁目五郎様の森緑地として整備されました。

残念ながら訪れたことがありませんが、敷地はきれいに整備され、内部には遊歩道が設置され、かつての屋敷林の面影が残る園内を散策できるようになっています。

とりわけ敷地の外、あの汚かった柵がきれいになったのは写真を見て驚きました。

カブトムシの飼育に関しても継続して行われています。夏になるとカブトムシを見ることができるようです。ぜひ訪れてみてください。

* 感想など *

玉川台自然観察林 ゴミ捨て禁止の看板の写真
ゴミ捨て禁止の看板

ゴミ捨て禁止の看板がたくさん並んでいました。余程多かったのでしょうか。

土地は一回荒れだすと止まりません。木々や雑草が生い茂り、不法投棄が不法投棄を呼び、あっという間にひどい状態になります。

最初に見たときはこの自然観察林もそういった類の土地かと思いましたが、自然観察林でした。とはいえ周囲のフェンスにに張られていたゴミ捨て注意の看板の数は異常でした。

現在は市民緑地として公開されるようになりました。園内が整備され、周辺の柵も新しくなり、住宅地にある景観としてはよくなったのではないでしょうか。観察林で暮らす鳥や昆虫たちはどう思っているか知りませんが・・・。

このように人が多く入ることで色々と風通しがよくなる半面、少し心配な部分もあります。

かつて岡本公園にホタル園があり、ホタルが飼育されていました。そのホタル園ではホタルの盗難がありました。ここではカブトムシの盗難といった悲しい事が起きないよう切に願います。

ー 風の旅人 ー

広告

* 地図、アクセス *

・住所玉川台2-30
・アクセス最寄り駅は田園都市線用賀駅。
・関連リンク玉川台二丁目五郎様の森緑地(世田谷区)世田谷トラストまちづくり 市民緑地

広告

***   類似・関連項目   ***

***   関連カテゴリー   ***

広告

広告

<せたがや百景 No.83 玉川台自然観察の森 2008年6月初稿 - 2018年4月改訂>