世田谷散策記 世田谷の秋祭りのバーナー

世田谷の秋祭りカレンダー 2013年版

ちょっと古くなってしまいましたが、2013年に世田谷で行われた秋祭りのカレンダーを載せておきます。最新版にしたいのは山々ですが、自分で訪れる気がないとなかなか調べる気にならなくて・・・。大体毎年同じような流れで行われるのでそう大差はないかと思います。大体いつ行われるかなどの目安にしてください。

*** 8月 ~葉月~ ***

8/1、2(毎年固定)
8/1、2(第一週末)
8/17、18(第3週末)
8/24、25(第4週末)

*** 9月 ~長月~ ***

8/31、9/1(第1週末)
9/7、8(第2週末)
9/14、15(第3週末)
9/21、22(第4週末)
秋分の日(毎年固定)
9/22、23(毎年固定)
9/23、24(毎年固定)
9/28、29(最終週末)

*** 10月 ~神無月~ ***

*** 備考 ***

毎年繰り返される1年に1度の祭礼。神社の氏子関係者にとってはとても重要な日になり、その日に向けて逆算で準備が行われます。なので今年はいつにしようかといった類のものではなく、神社ごとに祭礼日は何月何日と決められています。しかしながら近年では祭礼日を休日に合わせる場合が多く、9月の第何週末といった祭礼日にしているところがほとんどです。この場合、1日が日曜日に当たる時、土曜日を基準にしているのか、日曜日を基準にしているのかで、祭礼日が異なります。それに何日という厳密なしがらみがなくなったので、氏子の都合、地域の行事の兼ね合い、応援に来てくれるお囃子の方の都合、或いは神主が常駐している神社は少ないので、神職の都合などといった事情により、祭礼日が一週ずれることもよくあります。また秋分の日が日曜日と重なる場合、閏年で秋分の日が22日になる場合にも祭礼日が例年と異なる場合が多いです。そういった様々な要素を考慮して日程が正式に決まります。世田谷八幡神社や北澤八幡神社など大きな神社が決まってから他の小さな神社が決まっていくといった感じです。小さな神社の場合だと何月何週末だからと調べずに訪れるともう終わっている場合もありますので、事前に調べてから訪れる事をお勧めします。

<世田谷の秋祭りカレンダー 2013年版 2013年8月初稿 - 2015年7月改訂>